漢方薬・生薬

加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)で乾燥肌を解消 !その特徴とは

乾燥肌が気になっているなら加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)が、使っていきやすいでしょう。

この漢方薬は特に女性が気になりがちな肌の問題に働きがけてくれる、頼りがいのある漢方薬です。

症状が気になる人は、早めに対策を行ってください。

加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)の効能

不調 女性
加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)は、肌の乾燥、便秘、精神が不安定、疲れやすいといった、さまざまな症状に効果的な漢方薬です。

これらの症状は誰にでも起こりやすく、放置しておけば自律神経失調症やうつ病といった、疾患のきっかけとなることがあります。

少しでも心当たりがある人は、早めの対策を行っていく必要があるでしょう。

加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)の副作用

副作用
ほとんど副作用のない加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)ですが、中には副作用の症状が出てしまう人もいます。

副作用が出ているにも関わらず使用を続けると、体調不良になってしまう恐れがあるでしょう。

目安を紹介していくので、いざというときに備えておいてください。

呼吸困難

呼吸困難の症状がみられ、息がしづらいといった症状が表れることがあります。

少しでも息が苦しいと感じたら、すぐに使用をやめるようにしてください。

発熱

特に理由がないのに発熱の症状が表れることがあります。

ほてりや汗ばみの症状を感じたら、すぐに使用をやめてください。

気になるようなら、体温計で測ってみることも大切です。

むくみと体重増加

むくみと体重増加が起こることがあります。

むくみとは体内に余分な水分がたまり、皮膚が膨張してしまう症状です。

余分な水分がたまることで、体重増加を伴なうこともあるでしょう。

むくみの確認法としては気になる場所を強くつかみ、跡が残っているかどうかで確認することができます。

跡が残ったまま元に戻らないようなら、副作用の可能性があるでしょう。

全身の倦怠感

全身に倦怠感が起こり、うまく体を動かすことができなくなることがあります。

起き上がるのに時間がかかる、物がうまく持てないといったことがあったら、副作用を疑うようにしてください。

手足のこわばり

手足のこわばりを感じ、うまく動かすことができなくなることがあります。

末端に違和感があったら、すぐに加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)の使用をやめてください。

胃腸の違和感

食欲不振や吐き気といった、胃腸に不快感が起こることがあります。

ハッキリとした症状ではなくても、腹痛を感じるようなら副作用を疑ってください。

排尿障害

排尿をうまく行うことができず、排尿障害として症状が表れることがあります。

副作用は人によってさまざまな症状が表れます。

ここに書かれていることがすべてとは限らないので、少しでも体調不良を感じたらすぐに加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)の使用をやめてください。

不安な人は医師や薬剤師に相談しましょう。

加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)の注意点

注意 女性
ほとんどの人に使っていきやすい加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)ですが、一部使用に注意が必要な人がいます。

無理に服用を続けると体調不良になることがあるので、目安を確認しておきましょう。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)を服用すると、母体や胎児に影響する恐れがあります。

かかりつけの医師に相談してから、服用するようにしてください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が使用すると、薬同士が影響しあってしまうことがあります。

薬同士がぶつかり合うと効能を損ねてしまうことがあるので、医師から処方された薬はもちろん、これから使用する人も使用に注意しましょう。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が服用すると持病に影響してしまい、体調不良となってしまうことがあります。

持病の状態を知っている、かかりつけの医師に相談するようにしてください。

小児や高齢者

小児や高齢者が服用すると、体調に影響をもたらしてしまうことがあります。

事前に家族で話し合い、子供の手が届かない場所に保管しましょう。

加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)の服用法

服用
加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)を服用する際は、水やお湯、もしくはぬるま湯を使用するようにしてください。

それ以外で服用すると、しっかりと効能を感じることができなくなります。

また、食前や食間に服用してください。

最初から服用のタイミングを考えてから食事をすると、ちょうどいい時間に服用していくことができるでしょう。

漢方薬を継続的に服用するための工夫とは

継続
漢方薬は継続的に使用していくことが大切です。

途中で服用をやめてしまうと、しっかりと効能を感じることができなくなるからです。

そのためには続けていくための、工夫を行ってください。

漢方薬に飽きないよう食品を使う

漢方薬に飽きないよう、食品を使っていくのもありでしょう。

食品といっても何でもいいわけではなく、漢方薬と混ぜ合わせやすいものを選択していく必要があります。

例えばコンデンスミルクやハチミツといった、甘みの強い食品と混ぜ合わせると漢方薬の独特の味わいをごまかすことが可能です。

自分の状況に合わせて、アレンジしてみてください。

服用を助けてくれるアイテムを利用する

服薬ゼリーのような服用を助けてくれるアイテム使用し、服用しやすくしていくことも大切です。

加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)を初めとする漢方薬は、しっかりと飲み込まないと食道に残ってしまうリスクがあります。

たまには服用をやめてみる

たまには漢方薬の服用をやめてみるのも大切です。

毎日飲んでいると段々飽きてしまい、服用自体が嫌になってしまいます。

一端、服用をやめ、飲めるようになってから再開していきましょう。

ほかの漢方薬に切り替えてみる

ほかの漢方薬に変えてみるというのも、有効的な方法です。

漢方薬にはさまざまな種類があり、中には加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)と似た効能を持った漢方薬もあります。

加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)をうまく活用していこう

加味逍遙散加川芎地黄(カミショウヨウサンカセンキュウジトウ)は、肌の乾燥に効果的な頼りがいのある漢方薬です。

ただこの漢方薬には副作用があり、使用に注意が必要な点もあります。

その効能だけではなく副作用や注意点にも注目し、うまく活用していってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?