漢方薬・生薬

咳や淡が止まらない人には麦門冬湯!その特徴を詳しく解説

麦門冬湯(バクモンドウトウ)という漢方薬は、咳や痰に効果的な漢方薬です。

咳や痰の症状が続くと、日常生活に大きく支障を来たします。

それだけではなく、大きな疾患のきっかけとなることもあるんです。

早めに対策を行っていきましょう。

麦門冬湯の効能

バリア
麦門冬湯(バクモンドウトウ)は咳や痰の症状、喉の不調に効果的な漢方薬です。

季節や気温を問わず起こりがちなこの症状は放置したままでいると、喉を傷め炎症のきっかけとなることもあります。

喉に炎症が起こると雑菌を寄せ付けやすくなり、さらに咳がひどくなるといった悪循環になりかねません。

麦門冬湯(バクモンドウトウ)で、早めに解消していきましょう。

麦門冬湯の副作用

倦怠感
ほとんど副作用がない麦門冬湯(バクモンドウトウ)ですが、場合によっては副作用を起こすことがあります。

副作用は体質や体調に大きく関係してくるので、人によって微妙に症状が違ってくることがあるでしょう。

少しでも体に異常を感じたら、すぐに麦門冬湯(バクモンドウトウ)の使用をやめてください。

肝機能障害が起き黄疸の症状が表れる

肝機能障害によって黄疸の症状が起こることがあります。

黄疸が起こると皮膚が黄色く見え、見た目に大きく影響してしまいます。

いつもに比べて肌の色が変わって見えたら、黄疸を疑うようにしてください。

発疹や蕁麻疹

発疹や蕁麻疹の症状が起こることがあります。

発疹の状態は人によって違うので、少しでも皮膚に赤みが表れたら、副作用を疑うようにしましょう。

むくみや体重増加

むくみや体重増加が起き、見た目に大きく影響することがあります。

ほとんどの場合、太ったような印象になるだけですが、鈍痛重さを感じるケースもあります。

倦怠感

倦怠感が起き、体中に怠さを感じることがあります。

倦怠感は人によって感じ方が違い明らかな怠さではなく、もやもや感やめまいを感じる人もいるでしょう。

特に何もしていないのに疲れた・歩くのは億劫といったことがあったら、副作用を疑ってください。

呼吸困難

呼吸困難の症状が出ることがあります。

息をするのを大変と感じたら、副作用を疑うようにしましょう。

副作用は人によって起こる症状が違ってきます。

そのまま使うと重大な疾患のきっかけとなる恐れもあるので、少しでもおかしいと感じたら麦門冬湯(バクモンドウトウ)の使用をやめてください。

麦門冬湯の注意点

注意
麦門冬湯(バクモンドウトウ)はほぼどなたでも使っていける、使いやすい漢方薬です。

ただ使用にあたり注意が必要なケースもあります。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が麦門冬湯(バクモンドウトウ)を服用すると、体調に支障を来たすことがあります。

医師の診断を受けてから、使用するようにしてください。

服用したいときは医師に相談することが大切です。

ほかの薬を服用している人

何らかの薬を服用している人が麦門冬湯(バクモンドウトウ)を服用すると、薬の効能を損ねてしまうことがあります。

ただどうしてもほかの薬を使用したい人もいるので、そういったときには医師や薬剤師に相談してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が麦門冬湯(バクモンドウトウ)を服用すると、持病に影響をもたらすことがあります。

人によって持病の症状は違ってくるので、自分で判断するのは危険です。医師に確認しましょう。

小児や高齢者への使用

小児や高齢者に使用すると、体調に異常を引き起こすことがあります。

特に小児や高齢者のように、生理機能が未熟だったり衰えている人への使用には注意しましょう。

麦門冬湯の服用法とは

服用
麦門冬湯(バクモンドウトウ)のような漢方薬は、食品を利用することをすすめられるケースもあります。

でも本来ならそれはよくありません。

漢方薬はお湯で服用することが基本です。

食品を使うことが許されるのはどうしても飲みづらいといった、何らかの要因があった場合のみです。

水に混ぜてとろとろ状態にして服用するといった、工夫を行いながら使用していってください。

漢方薬を服用した人が感じる困った問題

苦い
漢方薬の服用を続けていると、ときに困難な問題にぶつかることがあります。

実際に起こりがちな問題に触れていくので、自分の当てはまりそうかどうか確認してみてください。

味わいや風味が苦手

多くの漢方薬がそうであるように、麦門冬湯(バクモンドウトウ)にも独特の味わいや風味が存在します。

最初は我慢して服用していても、段々嫌になってきてやめてしまう人が珍しくありません。

服用が面倒になってくる

長く服用を続けていると面倒になってきて、やめてしまう人がいます。

市販でも売っている漢方薬は、服用を強制されることがほとんどありません。

気持ちや時間の問題でやめてしまう人がいるんです。

自分で服用を続けるための工夫を行い、継続的に使用できるようにしていきましょう。

すぐに効いてくれない

漢方薬である麦門冬湯(バクモンドウトウ)は、継続的に使用していく必要があります。

すぐに効能を発揮するとは限らないので、使っていくうちにやめてしまう人がいるんです。

置いていたらカビが生えたしひび割れた!

漢方薬は適当な状態で放置しておくと、カビの発生を招く恐れがあります。

また、ひび割れを起こしてしまうこともあるんです。

そうなると服用していくことが難しくなるでしょう。

麦門冬湯を服用したのに症状がまったく解消されない

不調
麦門冬湯(バクモンドウトウ)を服用してきたのに、まったく効果が感じられないといった人もいるでしょう。

でもそれには理由があります。

疾患が関わっている

漢方薬は体の回復機能を高めてくれる優れた医薬品ですが、具体的な疾患を治すためには、西洋医学の知識を取り込む必要があるでしょう。

いつまで立っても症状に変化がないときは、病院で見てもらってください。

服用をやめていた期間があった

服用をやめていた期間が長いと、効能がリセットされてしまっていることがあります。

その結果、再び使用しても症状が解消されないことがあるでしょう。

なるべく漢方薬を継続的に服用していってください。

食品を使ったことで効能が薄れている

本来、漢方薬を使用するのに食品は向いていません

すべての人がそうではありませんが、食品を使ったことで効能が薄れ、まったく症状が解消されなくなることがあるんです。

心当たりがある人は、食品を使うことをやめてみてください。

麦門冬湯は保管環境に気を付けながら使用していこう

麦門冬湯(バクモンドウトウ)は効果的な漢方薬ではありますが、環境や状況が関係して効能を損ねてしまうことがあります。

いつまでたっても症状に変化が表れないときは、保管環境や使用状況を見直してみましょう。

その症状には疾患が関わっていることもあります。

いつまでたっても症状が解消されないときは、疾患を疑い医師に診断してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート