漢方薬・生薬

便秘なら応鐘散(オウショウサン)が使いやすい!その特徴とは

応鐘散(オウショウサン)は便秘やのぼせといった、日常生活で起こりがちな症状に効果的な漢方薬です。

これらの症状を放置したままでいるとさらなる重症化を招き、長期間の治療が必要になる恐れがあります。

少しでも症状を感じた人は、早めに対策していきましょう。

応鐘散(オウショウサン)の効能

便秘
応鐘散(オウショウサン)はのぼせや便秘、肩こりの症状に効果的な漢方薬です。

のぼせや肩こりの症状は便秘の諸症状として見られることもあり、便秘に働きがけることでその他の不調も解消できることがあります

日常的によく起こりがちな症状なので、ついそのままにしてしまう人が珍しくありません。

特に便秘は放置することで、腸閉塞大腸がんのきっかけを生み出します。

早めに解決していく必要があるでしょう。

応鐘散(オウショウサン)の副作用


応鐘散(オウショウサン)はほとんど副作用がないですが、中には症状を感じてしまう人もいます。

副作用は人によって、気付きにくいことがあるでしょう。目安を確認し、いざというときに備えておいてください。

胃腸の不快感

吐き気食欲不振といった、胃腸の不快感からくる症状が起こることがあります。

気持ち悪さや胃腸に対して違和感があったら、すぐに応鐘散(オウショウサン)の使用をやめてください。

めまいやふらつき

めまいやふらつきの症状が起こることがあります。

放置したままでいると、転倒のリスクを呼び込むこともあるので注意するようにしましょう。

各種アレルギー症状

各種アレルギー症状を引き起こすことがあります。

過去にアレルギー症状を起こしたことがある人は、使用に注意するようにしてください。

応鐘散(オウショウサン)には、川芎(センキュウ)と大黄(ダイオウ)という漢方薬が含まれています。

これらの生薬がアレルゲンである人は、特に注意する必要があるでしょう。

副作用は人によって表れる症状が違ってきます。

ここで書かれていることだけではなく、少しでも体に違和感が表れたら副作用を疑うようにしてください。

不安な人は医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

応鐘散(オウショウサン)の注意点

注意
ほとんどの人にとって使いやすい応鐘散(オウショウサン)ですが、一部使用に注意が必要な人がいます。

無理に服用を続けると体調不良を引き起こすことがあるので、注意点を守りながら使用していきましょう。

妊娠中の女性

妊娠中の女性は、応鐘散(オウショウサン)の服用に注意が必要です。

含まれている大黄(ダイオウ)には子宮を収縮させる効能があるので、胎児に影響を及ぼしかねません

また、授乳中の母親が服用すると、母乳に成分が溶けだし乳児に影響することがあります。

かかりつけの医師に相談してから、使用するようにしてください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が応鐘散(オウショウサン)を服用すると、体調に影響を及ぼす危険性があります。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が応鐘散(オウショウサン)を使用すると、薬同士がぶつかり合い効果を薄めてしまうことがあります

現在使用中の人はもちろん、これから使用する予定にある人も注意するようにしてください。

小児や高齢者

小児や高齢者が応鐘散(オウショウサン)を服用すると、副作用の症状が出やすくなります。

該当者が誤って飲んでしまわないよう、保管に気を付けるようにしましょう。

応鐘散(オウショウサン)の使用には注意が必要です。

不安な人は医師や薬剤師に相談するようにしてください。

便秘の定義はあいまいにできている

腹 疑問
実は便秘の定義はとてもあいまいにできています。

なぜあいまいになってしまうかというと、どれくらい便が出ないと便秘といえるのかどうかは、その人の体質に大きく関わってくるからです。

人それぞれ食べる量や便がたまるサイクルも違ってきます。

例えば一週間出なかったら便秘とは言い切れません。あまり人の言う目安に惑わされず、少しでも体調が悪いと感じたら対策をしていく必要があるでしょう。

排便が順調であったときに比べてペースが遅くなっている、膨満感や腹痛で苦しくなっているといったことがあったら、便秘を疑うようにするといいですね。

応鐘散(オウショウサン)にはどんな生薬が使われているの?

疑問
応鐘散(オウショウサン)には二つの生薬が使われています。

どんな生薬が使われているかどうかは、漢方薬においてとても重要なポイントになるんです。

事前に確認しておきましょう。

川芎(センキュウ)

川芎(センキュウ)は血行を促す作用のある生薬です。効能は、鎮痛や鎮静になります。

大黄(ダイオウ)

便秘に伴なうさまざまな症状に効果的な生薬です。

のぼせや膨満感といった、さまざまな症状に効能を発揮します。

多くの漢方薬に使われている、比較的ポピュラーな生薬といえるでしょう。

応鐘散(オウショウサン)には独特の味わいがある

薬 嫌い
多くの漢方薬と同じように、応鐘散(オウショウサン)にも独特の味わいがあります。

人によっては服用しにくいと感じる人もいるでしょう。食品とうまく混ぜるといった、工夫が大切になってきます。

漢方薬を服用するためにアイテムを利用していく

カプセル
応鐘散(オウショウサン)には独特の味わいがあるので、そのことが原因でやめてしまう人が珍しくありません。

続けていくために便利なアイテムを使っていくことは、とても大切な行動といえるでしょう。

服薬ゼリー

服薬ゼリーは、薬を飲みやすくしていくために開発された商品です。

ゼリー状になっているので、漢方薬が食道に引っかかってしまうリスクを軽減できますよ。

オブラート

粉末状の漢方薬を包むのに便利な商品です。

粉末状の漢方薬は人によって、飲みにくいと感じてしまうことがあります。

オブラートでうまくつつみ、のど越しをよくしていくことが大切になるでしょう。

最近のオブラートにはイチゴやブドウといった、味のついたものも存在しています。

飽きないように使い分けてみるのもいいですね。

カプセル

空の状態のカプセルを使うことで、粉末状の漢方薬をまとめることができます。

粉末の漢方薬が苦手な人にとっては、とても使っていきやすいアイテムといえるでしょう。

ただ医師や薬剤師によっては、本来の状態から変えてしまうのはよくないという考え方を持っている人もいるんです。

できれば医師や薬剤師に相談してから、使用することが大切になってくるでしょう。

注意点を守りながら応鐘散(オウショウサン)を活用する

応鐘散(オウショウサン)はのぼせや便秘といった、さまざまな症状に効果的な頼りがいのある漢方薬です。

ただのその使用には注意点があり、使用することでかえって体調を悪くしてしまう人もいるんです。

応鐘散(オウショウサン)を使用する際は注意点にも気を配り、安心感を持ちながら活用していきましょう。

不安な人は医師や薬剤師に相談し、不安を軽減しながら服用していくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート