漢方薬・生薬

便秘には乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)!その効能とは

乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)は、知名度の少ない漢方薬です。

でもその効能を知っていけば、とても使っていきやすい漢方薬であることが分かるでしょう。

その効能だけではなく注意点にも触れ、正しく活用していってください。

乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)の効能

具合悪い
乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)は、便秘や痔の症状に効果的な漢方薬です。

硬い便に悩んでいる人にも使われ、排便に支障を感じている人にとって使いやすい漢方薬といえるでしょう。

便秘の状態が続くと硬い便になりやすく、痔のきっかけとなることがあります。

少しでも排便に問題を感じたら、対策を行っていってください。

乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)の副作用

腹痛
ほとんど副作用がない乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)ですが、一部軽度な副作用の症状が出てしまう人もいます。

目安を確認し、いざというときに備えておきましょう。

倦怠感

体中が怠くなり力が入らなくなることがあります。

起き上がるのに時間がかかった、歩くのを億劫に感じるといったことがあったら、副作用を疑うようにしてください。

血圧の上昇

血圧の上昇を感じたら副作用の恐れがあります。

血圧の上昇が起こると、ほてりや汗ばみといった症状が表れあるので少しでも心当たりがあったらすぐに服用をやめましょう。

胃腸の違和感

胃腸の違和感が起こり、諸症状が起こることがあります。

例えば吐き気や胸やけといった症状が起こったら、副作用を疑うようにしてください。

このほかにもさまざまな症状が起こることがあります。

体質や体調によっても違ってくるので、少しでも体に不調を感じたら医師や薬剤師に相談しましょう。

乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていける乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)ですが、一部注意が必要な人もいます。

無理に服用を続けると体調不良の要因となってしまうので、使用には気を付けていく必要があるでしょう。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)を服用すると、体調不良を引き起こすことがあります。

使用を検討するときは、医師に相談してからにしてください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用すると、それぞれの効能を損ねてしまう恐れがあります。

医師から処方された薬はもちろん、市販の薬にも注意を払ってください。

持病を持っている人

持病を持っている人が乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)を服用すると、持病に影響をもたらす恐れがあります。

また、持病を治療するために使用している、薬にも影響することがあるでしょう。

小児や高齢者

小児や高齢者への使用は注意していく必要があります。

手の届かない場所に保存するといった、工夫を行うようにしてください。

乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)の正しい服用法

服用
乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)は、水やお湯で服用するようにしてください。

それ以外の飲み物で服用すると、しっかりと効能を感じることができなくなることがあります。

飲みやすくするために仕方なく食品を使用する場合がありますが、本来なら間違った服用法です。

できれば水やお湯での服用を、徹底するようにしましょう。

便秘を悪化させてしまう原因とは

ストレス
乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)は便秘に効果的な漢方薬ですが、そればかりに頼っているのは危険です。

いくら漢方薬を服用していても、その原因となる習慣を続けていると症状の悪化を呼び込んでしまうからです。

過剰なストレス

過剰なストレスを放置したままでいると自律神経の乱れを生じさせ、胃腸の健康を損ねてしまいます。

食物繊維の不足

食物繊維が不足すると便のかさましや、水分の補てんがしにくくなり便通を阻害します。

水分不足

水分が不足すると硬い便を作りだし、排便がうまくいかなくなってしまう恐れがあります。

便秘薬の飲みすぎ

便秘薬のみに頼りすぎると胃腸がその状態になれてしまい、自力で便通を促すことができなくなります。

便秘を解消していくためには乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)に頼るだけではなく、普段の生活習慣を見直し気を付けていく必要があるでしょう。

漢方薬と食品を合わせるならとろみが大切

はちみつもしどうしても漢方薬を飲みにくいと感じ食品を使うときには、とろみのある食品を使っていくと便利です。

漢方薬を簡単に混ぜ合わせてくれ、独特の癖も緩和してくれます。

漢方薬と合わせやすい食品

状況によっては食品と漢方薬を合わせるのもありです。

ただ食品なら、何でもいいというわけではありません。特に合わせやすい食品と合わせていきましょう。

ハチミツ

ハチミツはとろみと甘さを両立している食品です。

パンやスイーツとも合わせやすく、アレンジしやすいのが特徴となります。

漢方薬の服用は毎日続けていく必要があるので、使い勝手のいい食品と合わせていきましょう。

コンデンスミルク

コンデンスミルクもハチミツと同様、漢方薬と混ぜ合わせやすい食品です。

チューブで保存されているので管理がしやすく、使いたいときに気軽に使用することができます。

ジャム

砂糖が使われているジャムも、漢方薬と一緒に使っていきやすい食品です。

砂糖とフルーツが使われているので、独特の癖をうまく隠すことができるでしょう。

漢方薬を飲みやすくしてくれるアイテム

ゼリー
漢方薬を服用する際はアイテムをうまく活用すると、飲みやすくすることができます。

錠剤がのどに詰まる・粉末でむせてしまうといったことがあったら、アイテムをうまく使用していきましょう。

錠剤クラッシャー

錠剤を粉末の状態にしてくれるアイテムです。

粉末の漢方薬との相性が悪い人は、錠剤クラッシャーを使って砕いてから服用してみてください。

ただ医師や薬剤師の考え方によっては、元の状態を崩すべきではないという見解もあります。

念のため医師や薬剤師に相談して、その用法や用量を確認してから使用するといいでしょう。

服薬ゼリー

服薬ゼリーは薬を服用するために開発されたアイテムです。

ゼリー状になっているので、漢方薬の状態に関係なく混ぜ合わせることができますよ。

味を選ぶこともできるので、飽きずに使っていくことができます。

何より漢方薬が持っている独特の味わいを軽減することができるので、漢方薬の味わいに苦手意識を持っている人にも使っていきやすいでしょう。

乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)は注意しながら使っていこう

頼りがいのある乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)ですが、使用に当たり注意していく必要があります。

漢方薬を使うことによって副作用が出たり、体調を悪くしてしまう人がいるからです。

効能だけではなく副作用や注意点も知り、乙字湯去大黄(オツジトウキョダイオウ)を正しく活用していきましょう。

また、乙字湯去大黄から大黄(ダイオウ)という便を柔らかくする効果のある生薬をとりのぞいた、乙字湯(おつじとう)という漢方があります。

乙字湯(おつじとう)は痔核に効果的な漢方で、

乙字湯(おつじとう)は何故痔に効くのか?漢方の効果・効能とは

の記事に詳しく書いてありますので、こちらもぜひ参考にして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?