漢方薬・生薬

足の冷えを解消したいなら甲字湯(コウジトウ)!そのメリットを解説

脚の冷えに悩んでいる人は、甲字湯(コウジトウ)が使っていきやすいでしょう。

脚の冷えは不眠症のきっかけとなることもあり、放置しておくとさまざまな疾患を引き寄せるリスクがあります。

早めの対策を行っていきましょう。

甲字湯(コウジトウ)の効能

肩こり
甲字湯(コウジトウ)は、脚の冷え、肩こり、頭が重いような症状、めまい、月経痛、しもやけといったさまざまな症状に効果的な漢方薬です。

甲字湯(コウジトウ)の副作用

副作用
漢方薬である甲字湯(コウジトウ)で副作用を感じることは、ほぼありません。

でも中には副作用の症状が出てしまう人もいるので、目安を確認しておきましょう。

呼吸困難の症状を感じる

息がしづらくなり、呼吸困難な症状がでる恐れがあります。

息がしづらい、深呼吸に困難を感じるといったことがあったら、すぐに甲字湯(コウジトウ)の使用をやめましょう。

動悸と発熱

動悸や発熱の症状が起こることがあります。

これといった理由がないのにドクンドクンと動悸が起こったり発熱の症状があったら、すぐに甲字湯(コウジトウ)の使用をやめるようにしましょう。

胃腸の不快感

胃腸に不快症状が起こり、食欲不振、吐き気、下痢といった症状が起こる恐れがあります。

そのほかにも腹痛のような症状を感じることもあるでしょう。

少しでも胃腸に異常を感じることがあったら、すぐに甲字湯(コウジトウ)の使用をやめることが大切です。

むくみと体重の増加

むくみと体重の増加が同時に起こり、体形に変化をもたらすことがあります。

むくみが起こると体形に大きく影響し、いつもなら着ることができる服が着られないといった状態が起こることもあるでしょう。

全体的な倦怠感

体中に倦怠感が走り、体を使うことが億劫になることがあります。

起き上がるのが億劫、歩くのに困難を伴なうことがあったら、すぐに甲字湯(コウジトウ)の使用をやめるようにしてください。

発疹と蕁麻疹

体のどこかに発疹や蕁麻疹が起き、かゆみや痛みの症状を感じることがあります。

発疹のタイプによっては水分を含んでいることもあるので、少しでも肌に異常を感じたら副作用を疑ってください。

さまざまな副作用を紹介していきましたが、ここで紹介されている副作用をあくまで一部です。

このほかにも何らかの症状を感じることがあったら、すぐに甲字湯(コウジトウ)の使用をやめるようにしてください。

甲字湯(コウジトウ)の注意点

注意
ほとんどの人の使っていきやすい甲字湯(コウジトウ)ですが、中には使用に注意が必要な人もいます。

注意点の目安を確認し、もしものときに備えるようにしてください。

妊娠中の女性

甲字湯(コウジトウ)には大黄(ダイオウ)ほか、妊婦の体に支障を来たすさまざまな生薬が使われています。

絶対に使えないというわけではありませんが、医師の診断が必要となるでしょう。

ほかの薬を服用している人

なんらかのを服用している人は、甲字湯(コウジトウ)の使用に注意してください。

薬同士の効能が、ぶつかり合ってしまう恐れがあります。

現在薬を服用している人はもちろん、これから使用する人も使用に注意してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が甲字湯(コウジトウ)を服用すると、持病に影響をもたらすことがあります。

持病を抱えている人は、医師の診断を受けてから服用してください。

小児や高齢者

小児や高齢者が甲字湯(コウジトウ)を服用すると、体調不良を引き起こすことがあります。

該当者の口に入らないよう、注意を払うようにしてください。

できれば漢方薬を隔離し、人の目に入らないようにするといいでしょう。

甲字湯(コウジトウ)の服用法

水
甲字湯(コウジトウ)を服用する際は、水やお湯、もしくはぬるま湯を使用してください。

それ以外で服用すると、しっかりと効能を感じることができません。

食品を使うのは、どうしても飲みにくいと感じたときのみにしましょう。

食事のタイミングにも気を配り、食前や食間に服用してください。

漢方薬ならではのメリット

メリット
漢方薬にはそれならではのメリットがあります。

比較的副作用が少ない

漢方薬には副作用が少ない傾向があります。

ほかの医薬品によって副作用を感じてきた人には、使いやすい医薬品といえるでしょう。

もちろん100%副作用がないというわけではないので、注意しながら使用する必要はあります。

原因が分かっていなくても使用しやすい

漢方薬は原因がはっきりと分かっていなくても、使用していくことができる医薬品です。

体の回復機能を高めながら効果を発揮してくれるので、なんだか調子が悪いけどよくわからない・・・といった人には使いやすいでしょう。

未病にも効果的

病気とはいわないけど健康ともいえない・・・そんな微妙な状態にある未病にも、漢方薬が使っていきやすいです。

症状の中には病院にかかっても、原因がハッキリしない病気があります。

未病はそのままにしていると、重大な疾患のきっかけとなることがある。

漢方薬を使用するのも、一つの手といえるでしょう。

漢方薬ならではのデメリット

デメリット
漢方薬にはそれならではのデメリットも存在します。

メリットだけではなくデメリットも知り、より深く知っていきましょう。

金額が高くなりがち

漢方薬に使われている生薬の中には、高価なものが存在します。

そのためほかの医薬品に比べ、金額が高くなりがちです。

金額が高くなると漢方薬を続ける際の支障となるので、続けていきたい人にとってはリスクといえるでしょう。

独特の味わいや風味が嫌煙されがち

漢方薬には独特の風味や味わいが存在しているので、人によっては飲みにくいと感じる人がいます。

複数の生薬が混ざり合っているので、さまざまな味わいを1度に味わうことになってしまうんです。

すぐには効果が実感できない

漢方薬はゆったりと効能を発揮してくれる傾向にある漢方薬です。

そのためすぐに症状を解消したい人にとっては、使いにくいと感じることがあるでしょう。

今すぐにでも症状をよくしていきたい人は、医師にかかること大切になってきます。

甲字湯(コウジトウ)のメリットとデメリットを知りうまく活用していこう

脚の冷えに効果的な使っていきやすい甲字湯(コウジトウ)ですが、その使用にはメリットとデメリットがあります。

副作用が少ないことや未病に効果的な点はメリットといえますが、金額が高くなることやなじみにくい味わいはデメリットといえます。

いい点も悪い点も把握し、うまく甲字湯(コウジトウ)を活用していってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート