漢方薬・生薬

慢性胃腸炎には香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)!その副作用とは

慢性胃腸炎に悩んでいるなら、香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)が使いやすいです。

症状が続けば胃がんのきっかけとなることがあり、早めに解消していくことが求められます。

その効能や副作用を知り、早めに対策を行っていってください。

香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)の効能

食欲不振
香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)は、慢性胃腸炎食欲不振膨満感に効果的な漢方薬です。

この状態を放置したままでいると、健康的な生活を大きく阻害してしまうでしょう。

特に慢性胃腸炎は発熱や吐き気、下痢、腹痛といった、さまざまな症状を引き起こします。

症状を感じた時点での、早めの対処が必要となるでしょう。

香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)の副作用

胃炎
ほとんど副作用の症状が出ることのない香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)ですが、中には副作用の症状が出てしまう人もいます。

症状が出ているにも関わらず使用を続けると、重症化していくリスクも出てくるでしょう。

胃腸の不快感

食欲不振、吐き気、気持ち悪さといった、胃腸の不快症状が出てくることがあります。

少しでも腹痛のような症状が見られたら、すぐに香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)の使用をやめてください。

むくみと体重増加

むくみや体重増加の症状が出ることがあります。

むくみとは体内に余分な水分がたまることで、体形が変わってしまう症状になります。

場合によっては痛みや重さを感じることがあり、日常的なストレスとなるでしょう。

むくみかどうか分からないときは人に判断してもらったり、体重を測ってみてください。

手足の痙攣

手足に痙攣の症状が見られ、うまく動作しなくなることがあります。

手足がピクピクと震え、うまく作動しなくなったときは副作用を疑ってください。

発熱や動悸

発熱や動悸の症状が起き、ほてりや汗ばみの症状を伴なうことがあります。

少しでも症状を感じたら、すぐに香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)の使用をやめてください。

発疹や蕁麻疹

発疹や蕁麻疹の症状が起き、かゆみや痛みを伴なうことがあります。

赤みのような症状を感じたときも、副作用を疑うようにしてください。

ほかにもさまざまな症状を感じることがあります。

ここで書かれていることがすべてとは限らないので、少しでも体調不良を感じたらすぐに香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)の使用をやめましょう。

気になる症状が出た時点で、医師や薬剤師に相談することも大切になります。

香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)の注意点

妊婦
ほとんどの人に使っていきやすい香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)ですが、中には使用に当たり注意点が存在する人もいます。

無理に服用を続けると重大な疾患のきっかけとなることもあるので、よく確認しておきましょう。

妊娠中の女性

香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)には麻黄(マオウ)を初めとした、妊婦の体に悪影響をもたらす恐れがある生薬が使われています。

自分で使用を判断するのは危険なので、医師に確認してから使用してください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)を服用すると、薬同士が影響しあってしまう恐れがあります。

効能や品質を損ねることになってしまうので、薬の使用には注意を払ってください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)を服用すると、持病に影響をもたらす恐れがあります。

持病を抱えている人や、心当たりがある人は医師に相談してから使用してください。

小児や高齢者

小児や高齢者は漢方薬の使用に注意が必要です。

副作用が出やすくなってしまう恐れがあります。

併用注意な生薬や薬

注意

甘草

甘草を取りすぎると、副作用の症状が出やすくなります。

麻黄(マオウ)

麻黄(マオウ)の使用には注意が必要です。

インターフェロン製剤

間質性肺炎が表れる恐れがあります。

香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)は水で服用することが大切

水
香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)を服用する際は、を使用するようにしてください。

水以外で服用すると、効能を損ねてしまうことがあります。

水での服用が無理な場合は、お湯やぬるま湯に加工してください。

食事のタイミングにも気を配り、食前や食間に服用しましょう。

漢方薬を続けているのに効果が実感できない・・・どうして?

疑問
漢方薬を続けているにも関わらず、効果を実感できない人がいます。

そういった人には一定の特徴があるんです。

その漢方薬が症状に合っていない

気になる症状を解消するためには、その症状に合ったものを使用していく必要があります。

漢方薬なら何でもいいというわけにはいかないので、効能をしっかりとチェックし自分に合ったものを選択していきましょう。

何らかの疾患が関係している

何らかの疾患が原因で症状が出ている場合には、漢方薬だけでは症状が解消されないことがあります。

疾患がハッキリとしている場合は、漢方薬ではなくほかの医薬品が向いているでしょう。

なかなか症状に変化が見られない人は、医師の診断を受けるようにしてください。

生活習慣が乱れている

生活習慣が乱れているといくら漢方薬を使用しても、しっかりと効能を感じることが難しくなるでしょう。

漢方薬に頼り切るのではなく、普段の生活にも気を配るようにしてください。

長期間服用をやめている

長期間に分かり服用を立っていると、効能を感じにくくなるでしょう。

漢方薬は継続的に使用することで、効果を実感することができる医薬品です。

なるべく継続的に使うようにしてください。

小児や高齢者が漢方薬を服用しないための工夫

子供 老人
小児や高齢者が香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)を服用すると、体調を損ねてしまうことがあります。

そういった自体を避けるためには、該当者が誤って飲まないための工夫を行ってみてください。

たとえば事前に家庭内で話し合うことが大切です。

なぜ漢方薬の飲まないほうがいいのか、説明を行うようにしてください。

また、目に入りにくい場所に保管し、密閉された空間で保管するようにしましょう。

頼りがいのある香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)!でも副作用もあり

香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)は頼りがいのある漢方薬ですが、その使用には注意していくことも必要になります。

まったく漢方薬がないといわれがちな漢方薬ですが、一部副作用を感じてしまう人もいるからです。

効能だけではなく副作用にも注目し、うまく香砂養胃湯(コウシャヨウイトウ)を活用するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?