漢方薬・生薬

慢性胃炎に悩んでいるなら堅中湯(ケンチュウトウ)が使いやすい!その副作用とは?

慢性胃炎に悩んでいる人は、堅中湯(ケンチュウトウ)が使っていきやすいでしょう。

吐き気や食欲不振を感じることはないですか?もし少しでも症状を感じているなら、早めに対策を行ってください。

堅中湯(ケンチュウトウ)の効能

胃炎
堅中湯(ケンチュウトウ)は、慢性胃炎、腹痛に効果的な漢方薬です。

吐き気や胃痛、消化不良、胃酸の逆流に悩んでいる人には、とても使っていきやすい漢方といえるでしょう。

胃の不調は放置していると、さらに重症化していく恐れがあります。少しでも胃がおかしいと感じたら、すぐに対策を行っていくことが大切になるんです。

堅中湯(ケンチュウトウ)の副作用

副作用
ほとんど副作用が出ることのない堅中湯(ケンチュウトウ)ですが、中には症状が出てしまう人もいます。

人によって表れる症状が違ってきますが目安を紹介していくので、少しでも症状を感じたらすぐに堅中湯(ケンチュウトウ)の使用をやめてください。

呼吸困難による息苦しさ

息がしづらくなり、呼吸が困難な症状が現れる恐れがあります。

少し息をするだけで苦しさを感じる、深呼吸がしにくいということがあったら、すぐに堅中湯(ケンチュウトウ)の使用をやめてください。

動悸や発熱

動悸や発熱の症状が見られることがあります。

特に理由もないのにドキドキしたり熱が上がるようなことがあったら、すぐに堅中湯(ケンチュウトウ)の使用をやめてください。

胃腸の不快感

胃腸に不快症状が起こり、食欲不振、吐き気、下痢といった症状が起こる恐れがあります。

腹痛のような症状を感じた場合も、副作用を疑ってください。

むくみと体重の増加

むくみと体重の増加が同時に起こり、体形に変化をもたらすことがあります。

むくみが起こるとさまざまな部分が膨張し、太ったような印象になってしまうんです。

特に理由がないのに体形に変化を感じたら、副作用を疑うようにしてください。

全体的な倦怠感

体中に倦怠感が走り、体を使うことが億劫になることがあります。

起き上がるが億劫、歩くのに困難を伴なうことがあったら、すぐに堅中湯(ケンチュウトウ)の使用をやめるようにしてください。

発疹と蕁麻疹

体のどこかに発疹や蕁麻疹が起き、かゆみや痛みの症状を感じることがあります。

発疹のタイプによっては水分を含んでいることもあるので、少しでも肌に異常を感じたら副作用を疑ってください。

このほかにも体にさまざまな副作用が起こることがあります。

ここで書かれていることがすべてとは限りません。

自分の体調に気を配り異常を感じたら、堅中湯(ケンチュウトウ)の使用をやめる必要があります。

堅中湯(ケンチュウトウ)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい堅中湯(ケンチュウトウ)ですが、中には使用に注意が必要な人もいます。

目安を紹介していくので、心当たりがある人は注意するようにしてください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が堅中湯(ケンチュウトウ)を服用すると、体調不良になってしまうことがあります。

堅中湯(ケンチュウトウ)には大黄(ダイオウ)のほか、妊婦の体に異常を引き起こす可能性のある生薬が使われています。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用中の人も堅中湯(ケンチュウトウ)の使用には、注意するようにしてください。

それぞれの効能に変化を及ぼすリスクがあります。

複数の薬や漢方薬を使用する人は、医師や薬剤師に相談してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が堅中湯(ケンチュウトウ)を服用すると、持病に何らかの影響をもたらす恐れがあります。

持病を抱えている人は、使用に注意するようにしてください。

小児や高齢者

小児や高齢者は漢方薬の使用に向いていないことがあります。

家庭でよく話し合い、誤って服用しないよう保管にも気を配りましょう。

堅中湯(ケンチュウトウ)の服用法

水
堅中湯(ケンチュウトウ)を服用する際は、水やお湯もしくはぬるま湯を使用してください。

それ以外で服用すると効能を損ねてしまうことがあります。

コーヒーやココアで服用する人がいますが、できればやめるようにしましょう。

また食前や食間での服用を目指し、食事の時間を決めていくことも大切です。

漢方薬でアレルギー症状を起こす人がいる

アレルギー
意外に見逃されがちですが、漢方薬でアレルギー症状を引き起こす人も中にはいます。

漢方薬の中にアレルゲンがあることで起こるんですが、自分のアレルゲンを知っている人は多くありません。

何らかの薬を服用していて体調を悪くした経験がある人は、服用に注意するようにしてください。

自分のアレルゲンを知るためにできることとは

漢方薬によるアレルギー症状を予防するためには、自分が抱えているアレルゲンを知っておく必要があるでしょう。

アレルゲンの検査をする方法を知り、いざというときに備えるようにしてください。

病院に行ってアレルゲンを調べてもらう

病院によってアレルゲン検査を行っているところがあります。

血液や唾液、もしくは肌の反応からアレルゲンを調べることができるので、今後漢方薬を使用するときに安心感が増します。

無駄足にならないよう初めに病院に対しアレルゲン検査を行っているか、確認してみてください。

アレルギー検査キットを使う

自宅でアレルゲン検査ができるキットを販売している、メーカーが存在します。

自分で簡単に行うことができるので、時間がかかることもありません。

忙しくなかなか病院に行けない人にとっては、便利な方法といえるでしょう。

漢方薬はどうやって保管したらいい?

保管
漢方薬の保管方法に悩んでいる人は珍しくありません。

漢方薬は適切に保管しないと、品質や効能を損ねてしまうことがあります。

漢方薬にとっていい環境で、保管するようにしてください。

直射日光を避け暗所に保管しよう

直射日光が当たる場所で漢方薬の保管を続けると、効能や品質を損ねてしまうことがあります。

窓際を避け、暗所に保管してください。

湿気の多い場所は厳禁!

湿気の多い水回りに保管すると、カビ発生の原因になります。

なるべく湿気の多い場所を避け、涼しい場所に保管してください。

乾燥しすぎもよくない

あまりに乾燥しすぎる環境もよくありません。

強く乾燥させると、漢方薬がひび割れてしまうことがあります。

裸の状態で放置せず、密閉された空間で外気にさらさないよう保管してください。

保管場所に気を付けうまく堅中湯(ケンチュウトウ)を活用していこう

堅中湯(ケンチュウトウ)は慢性胃炎に効果的な、多くの人に使っていきやすい漢方薬です。

でも保管方法を間違えると、品質や効能を損ねてしまうリスクが増します。

湿気や過度な乾燥、直射日光に気を付け、密閉された暗所に保管するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート