漢方薬・生薬

気管支炎や喘息に!蘇子降気湯(ソシコウキトウ)の効能と副作用とは

咳は苦しいだけでなく、長引いてしまうと体力を奪います。

元から体力が無く疲れやすい人にとっては、とても厄介な症状となります。

ここで紹介する「蘇子降気湯(ソシコウキトウ)」は気管支炎や喘息といった激しい咳を改善する漢方薬です。

その生薬成分は体にどのように働きかけるのか、効能と副作用を解説します。

蘇子降気湯(ソシコウキトウ)の効能と生薬成分とは?

漢方
「蘇子降気湯(ソシコウキトウ)」は構成は10種の生薬から成っています。

紫蘇子(シソシ)

咳をとめたり、腸を潤して便秘を改善します。

半夏(ハンゲ)

体を温めて滞った気や血の流れを突き動かします。痰を取り去り、吐き気を鎮めて落ち着かせます。

陳皮(チンピ)

気を整えて、胃を健康にしたり咳や吐き気を鎮める作用があります。

前胡(ゼンコ)

のぼせによる頭痛や、気管支炎による痰や咳を改善します。

桂皮(ケイヒ)

停滞しているものを突き動かし、体の働きを正常化する効果があります。

胃腸を整えたり解熱、鎮痛作用があります。

当帰(トウキ)

血の巡りをよくして冷え性を改善し、痛みを鎮めて落ち着かせます。

厚朴(コウボク)

体を温めて胃の動きを良くし、痛みや炎症を鎮めます。

大棗(タイソウ)

体を温めて緊張を和らげ、ダメージを受けた胃腸を整えて補修する効果があります。

生姜(ショウキョウ)

血の巡りを良くして体を温め、新陳代謝を上げる作用があります。

甘草(カンゾウ)

緊張を緩和させ、痛みや痙攣をやわらげます。

蘇子降気湯(ソシコウキトウ)の効果

息苦しい「蘇子降気湯(ソシコウキトウ)」は体力がなくて疲れやすい「虚証」体質の人や高齢者、激しい咳の症状によく用いられる漢方薬です。

足腰に冷えがあり、めまいなどののぼせの症状がある人の呼吸困難を伴う咳を改善します。

その緩和、解熱、鎮咳、去痰作用が激しい咳を鎮めて喉の痛みを和らげます。

咳が苦しい喘息や気管支炎によく効果を発揮します。

また、体を温めて気と血の流れを良くする効果によって、全身の調子を上げてくれます。

蘇子降気湯(ソシコウキトウ)の服用方法と注意点

医者
漢方薬は間違った服用をしてしまうと期待する効果をうまく得られなかったり、体調を悪化させてしまう場合もあります。

市販薬の場合は説明書を、処方薬の場合は医師や薬剤師の指示を確認して用法・用量をしっかり守りましょう。

服用方法

錠剤や細粒の薬を服用する場合は水かお湯を使用しましょう。

お湯は体を温め、薬の効きを高めてくれます。

気分が悪くなりやすい人は水で服用しましょう。

水やお湯以外の飲み物で服用すると、効果が出にくかったり、薬の成分に反応して副作用が現れることがあります。

服薬用カプセルやゼリーを使うと匂いや味が苦手な人でも楽に服用することができます。

蘇子降気湯エキス錠N「コタロー」の場合

通常、成人は4錠を1日3回、食前か食間の空腹時に服用します。

5歳未満は服用しないでください。

蘇子降気湯エキス細粒G「コタロー」の場合

通常、成人は一包を1日3回服用、食前か食間の空腹時に服用します。

服用量は年齢、体重、症状により増減します。

1歳未満は医師の診療を受け、3か月未満の乳児は服用しないでください。

服用に注意が必要な人

「蘇子降気湯(ソシコウキトウ)」は体力のない人に適した優しい漢方薬ですが、服用の際に注意しなければならない人もいます。

妊婦や授乳中の人、胎児、乳児の体への安全性は確立していません。

母体には影響が無いように思えても、胎児や乳児に悪影響となってしまうこともあるので、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

薬アレルギーや薬による体調不良を起こしたことがある人。

以前体が拒否反応を示した成分が「蘇子降気湯(ソシコウキトウ)」にも含まれている可能性があるので、成分表示を確認し、わからなければ医師や薬剤師に相談しましょう。

持病や現在治療中の病気がある人や他の薬を飲んでいる人。

「蘇子降気湯(ソシコウキトウ)」が持病や現在治療中の病気に影響を与える可能性もあります。

他の薬との併用で特定の成分を大量に摂取することになったり、成分の組み合わせによって思わぬ副作用を引き起こす場合があります。

蘇子降気湯(ソシコウキトウ)の副作用とは?

吐き気 男性
「蘇子降気湯(ソシコウキトウ)」は穏やかに体に効く漢方薬ですが、体質や状況により副作用をおこしてしまう場合があります。

体に違和感、異変を感じたら服用を中断して、すぐに医師や薬剤師に指示を受けましょう。

かゆみ、発疹など皮膚の異常

薬の服用を始めてから蕁麻疹や発疹、かゆみ、発赤がでるようになったら、副作用を疑いましょう。

皮膚の異常は体がその薬を拒否しているサインです。

そのまま飲み続けると皮膚異常が悪化、拡大したり、重大な症状に発展する可能性があるのですぐに服用を中断して医療機関で診察を受けましょう。

胃のむかつき、食欲不振など胃の不調

胃がむかむかとして食欲が湧かなくなったり、吐き気などの不調が起こることがあります。

胃腸が普段から弱い人が服用すると腹痛や下痢を伴う場合もあります。

無理やり吐き気を止めようとしても気持ちの悪さが長引くことになりるので、しっかり吐ききって水を飲みましょう。

お湯で薬を服用している人は水に変えてみると吐き気が改善されるかもしれません。

偽アルドステロン症

「甘草(カンゾウ)」に含まれる「グリチルリチン」を過剰に摂取してしまうと「偽アルドステロン症」を引き起こします。

また「グリチルリチン」は「甘草(カンゾウ)」だけでなく、市販品の風邪薬にもよく使用される成分です。

症状は体のだるさや激しいむくみ、血圧上昇、手足が痺れたり痛むことがあげられます。

筋力が低下する「ミオパチー」を引き起こすこともあります。

むくみは自分で見ても判断しづらいことがあるので、身近な人に見てもらうといいでしょう。

飲み合わせや長期間服用による副作用

薬の併用や長期服用をしていると、特定の成分を許容量を超えて摂取してしまったり、成分が化学反応をおこして新たな効果が生み出されることがあります。

これらは副作用を引き起こす恐れがあり、注意が必要です。

上の項目で述べたように、「甘草(カンゾウ)」に含まれる「グリチルリチン」を摂取しすぎると「偽アルドステロン症」を起こします。

蘇子降気湯(ソシコウキトウ)の購入はどこで?市販?通販?

小太郎漢方製薬「コタロー」から「蘇子降気湯(ソシコウキトウ)」のエキス錠とエキス細粒が一般販売されていて、楽天の通販ショップでも購入することができます。

初めて服用する場合や症状がひどい場合は、自己判断で服用をはじめるのではなく、専門家に相談して処方してもらうようにしましょう。

保険が効けば比較的安く購入することができます。

まとめ

「蘇子降気湯(ソシコウキトウ)」の効能や副作用についてご紹介しました。

咳は放っておくと体力を消耗するだけでなく、肺炎などに発展することもあります。

気管支炎による激しい咳で息が苦しい人や慢性的な喘息に悩んでいる人は「蘇子降気湯(ソシコウキトウ)」を試してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?