漢方薬・生薬

膨満感に悩んでいる人は当帰湯!その効能と副作用とは

当帰湯(トウキトウ)は膨満感に効果的な漢方薬です。

膨満感は放置したままでいるとさらに重症化する恐れがあり、早めに解決していく必要があります。

当帰湯(トウキトウ)で、早めに対策していきましょう。

当帰湯の効能

漢方
当帰湯(トウキトウ)は膨満感や胸痛、腹痛や肋間神経痛にも用いられます。

これらの症状は日常生活で起こりがちな症状なので、年齢や性別を問わず使っていけるでしょう。

こういった症状はそれほど大ごとではないと、放置してしまっている人が珍しくありません。

病院に行く時間がない人もいます。そういった人は通信販売でも気軽に購入できる、漢方薬を使っていくのも手です。

当帰湯の副作用

倦怠感
ほとんど副作用がない当帰湯(トウキトウ)ですが、一部副作用の症状が出てしまっている人もいます。

副作用の症状が出ているにも関わらず使用を続けると、さらに重症化していくことがあるので確認しておいてください。

むくみや体重増加

むくみや体重増加が起こることがあります。

むくみとは体内に余分な水分がたまり、太ったような印象になってしまう症状です。

美容を大きく損ねるだけではなく服が着づらくなるというリスクもあるので、症状を感じたときはすぐに当帰湯(トウキトウ)の使用をやめてください。

血圧の上昇

血圧の上昇が起き、ほてりや汗ばみの症状が出ることがあります。血圧の上昇は自分で気付く場合もありますが、できれば血圧計を使うようにするといいでしょう。

倦怠感

体に倦怠感が起こることがあります。

体に力が入らない・起き上がるのに時間がかかるといったことがあったら、副作用を疑うようにしてください。

手足の麻痺や痙攣

手足の麻痺痙攣の症状が起こることがあります。

いつもなら簡単に持てるものが持てない・末端が震えるといったことがあったら、副作用を疑うようにしましょう。

発疹や赤み

発疹や赤みの症状が起こることがあります。

湿疹とは皮膚の上にぽつんとした突起が盛り上がり、かゆみやジュクジュクを伴なうこともある症状です。

人によって形状や状態が異なります。

胃腸の不快感

胃腸の不快感が広がり食欲不振や気持ち悪さ、吐き気といった症状が起こります。

そこまで具体的な症状ではなくても、腹痛となって表れることもあるでしょう。

このほかにもさまざまな副作用が症状として起こることがあります。

表れる症状はその人の体質や体調によって違うので、少しでも体調不良を感じたら副作用を疑ってください

症状が出たらすぐに当帰湯(トウキトウ)の使用をやめ、医師や薬剤師に相談することも大切です。

当帰湯の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい当帰湯(トウキトウ)ですが、一部使用に注意が必要な人もいます。

使用を続けると大きな体調不良につながることもあるので、確認しておきましょう。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が当帰湯(トウキトウ)を服用すると、母体や胎児に影響することがあります。

漢方薬が妊娠中の女性にどんな影響をもたらすかは、分かっていない部分もあるんです。

自分で判断せず、医師に相談するようにしてください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が当帰湯(トウキトウ)を使用すると、薬同士がぶつかり合ってしまうことがあります

その結果、効能を損ねたり品質を落としてしまうことがあるので、ほかの薬を使用している人は注意してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が当帰湯(トウキトウ)を服用すると、持病に影響をもたらすことがあります。

漢方薬が持病にどんな影響をもたらすかは、持病の種類によっても違ってきます。

自分で判断せず、かかりつけの医師に相談してください。

小児や高齢者への使用

小児や高齢者に使用すると、体調不良を引き起こすことがあります。

手の届かない場所に保管するといった、工夫を行っていく必要があるでしょう。

湿疹や皮膚炎が悪化することがある

湿疹や皮膚炎を抱えている人が当帰湯(トウキトウ)を服用すると、さらに症状を悪化させてしまうことがあります。

当帰湯の正しい服用法とは?

服用
当帰湯(トウキトウ)は正しく服用していく必要があります。

正しく服用していかないと、効能をしっかりと感じることができないからです。

まず大切なことがお湯を使うことです。

水やお湯は予め用意しておくといいでしょう。

それから食前食間に合わせて、服用していってください。

漢方薬を保管するのに大切な注意点

漢方
漢方薬はきちんと保管するようにしてください。

保管がうまくいかないと、品質や効能を損ねてしまうことがあります。

注意点を把握していきましょう。

湿気の多い場所は避ける

湿気の多い場所に保管すると、カビ発生の要因となることがあります。

服用するとき以外の水分は厳禁なので、注意するようにしてください。

あまりに乾燥が強い場所は避ける

あまりに乾燥が強い場所に保管すると、ひび割れの原因となることがあります。

高温になりがちなキッチン周りを避け、なるべく独立した場所に保管してください。

室温を一定に保つようにする

室温の上下が激しい場所に保管すると、漢方薬にとって負担となります。

季節ごとに違いはあるでしょうが、なるべく一定に保つようにしてください。

室温計を用意しておくといいでしょう。

蓋やチャックはキチンと閉める

漢方薬が入っている瓶や袋のチャックはきちんと閉め、外気が入らないようにしてください。

乾燥や湿気のリスクを高めます。

漢方薬の保管に便利なアイテムとは

ピルケース
漢方薬の保管に悩んだときは、便利なアイテムを使っていくのも手です。

便利さだけではなく、自分に合っているかどうかにも注目して選んでみましょう。

ジップロック

ジップロックはきちんと入り口を閉めることができ、使用するときは簡単に開けることができる便利なアイテムです。

さまざまな色やサイズが販売しているので、自分に合ったものを購入してみましょう。

ピルケース

ピルケースは薬を管理するために販売しているアイテムです。

さまざまな形状のものが販売しているので、気分に合わせて使い分けて見てもいいですね。

ピルケースは100均で購入することもできます。

お薬ポーチ

お薬を管理するのに便利なポーチです。

漢方薬を細かく分けることができるので、使い分けに便利なアイテムといえるでしょう。

人によっては、ポーチタイプのほうが持ち歩きやすい人もいます。

外に持ち出すのを前提とした、アイテム選びを行っていくと後々便利ですね。

膨満感に効果的な当帰湯!でも注意点もあり

頼りがいのある漢方薬である当帰湯(トウキトウ)ですが、使用に関し注意点も存在します。

使用することで体調不良を引き起こす人がいるからです。

その効能だけではなく、注意点や副作用にも注意していきましょう。

もし漢方薬を使っても症状が解消されないようなら、疾患の可能性があります。医師や薬剤師に相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート