漢方薬・生薬

食欲がないときは香砂平胃散(コウシャヘイイサン)で解消!その効能とは

食欲がないと悩んでいる人は香砂平胃散(コウシャヘイイサン)が、使っていきやすいでしょう。

食欲がない状態が続くと、貧血や栄養失調の要因となります。早めに対策を行い、お悩みの状態を解消していってください。

香砂平胃散(コウシャヘイイサン)の効能

食欲 胸やけ
香砂平胃散(コウシャヘイイサン)は、腹痛や食欲不振胸やけ下痢倦怠感胃酸が上がってくる症状、吐き気に効果的な漢方薬です。

これらの症状が続けば、日常生活に大きな支障をもたらすでしょう。

食欲がない状態が続けば健康的な生活を阻害し、胃酸が上がってくる状態が慢性的になっていけば、食道や喉を傷つけてしまいます。

早めの対策を行っていきましょう。

香砂平胃散(コウシャヘイイサン)の副作用

副作用
ほとんど副作用のない香砂平胃散(コウシャヘイイサン)ですが、中には症状を感じてしまう人もいます。

症状を感じているにも関わらず使用を続けると、体調不良を引き起こす恐れがあるでしょう。

動悸や全身の倦怠感

特に理由がないのに、動悸や全身に倦怠感が起こることがあります。

ドキドキが止まらなかったり、歩くのを億劫に感じたら、すぐに香砂平胃散(コウシャヘイイサン)の使用をやめてください。

胃腸の不快症状

胃腸に不快症状を感じ、吐き気や気持ち悪さ、腹痛といった症状が表れることがあります。

胃腸に違和感が起こったら、すぐに香砂平胃散(コウシャヘイイサン)の使用をやめてください。

むくみと体重増加

むくみと体重増加が同時に起こることがあります。

むくみとは体内に余計な水分がたまり、太ったような印象になってしまう症状です

のぼせや舌のしびれ

体がのぼせて舌のしびれを感じることがあります。

体が熱くなったり舌がピリピリとなることがあったら、すぐに香砂平胃散(コウシャヘイイサン)の使用をやめてください。

香砂平胃散(コウシャヘイイサン)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい香砂平胃散(コウシャヘイイサン)ですが、中には使用に注意が必要な人もいます。

妊娠中の女性

香砂平胃散(コウシャヘイイサン)に使われている麻黄(マオウ)やそのほかの生薬には、妊婦の健康を阻害する成分が入っています。

自分で使用を決めてしまわず、医師の診断を受けてください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用していると漢方薬との相性により、それぞれの効能を損ねてしまうことがあります。

現在薬を服用している人はもちろん、これから服用する予定にある人も注意してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が香砂平胃散(コウシャヘイイサン)を服用すると、持病に悪影響をもたらすことがあります。

持病を抱えている人は使用に注意し、医師に診断を受けてから服用してください。

小児や高齢者

小児や高齢者が香砂平胃散(コウシャヘイイサン)を服用すると、体調不良を引き起こす恐れがあります。

併用注意な生薬や薬

注意

甘草

甘草を取りすぎると副作用が出やすくなります。

麻黄(マオウ)

麻黄(マオウ)を取りすぎると副作用の症状が出やすくなります。

インターフェロン製剤

間質性肺炎の症状が出る恐れがあります。

香砂平胃散(コウシャヘイイサン)は水で服用する

水
香砂平胃散(コウシャヘイイサン)を服用する際は、で服用するようにしてください。

それ以外で服用すると、効能を損ねてしまうことがあります。

水で飲みにくいときは、お湯やぬるま湯で服用しましょう。

服用のタイミングにも気を配り、食前や食間に服用するようにしてください。

食欲がなくなってしまうさまざまな原因

ストレス
食欲がなくなってしまう原因には、さまざまなものがあります。

ストレス

ストレスが強くなりすぎと意欲が減退し、食欲がわきにくくなります。過度なストレスを避け、適度に息抜きを行うようにしましょう。

睡眠不足

睡眠不足の状態が続いても、食への意欲がなくなることがあります。自律神経が阻害され、正常な意欲がわきづらくなるからです。

運動不足

運動不足によって体を活動させる機会がなくなり、食べることへの必要性を感じにくい体になります。

バランスのいい習慣が乱されると食欲不振のきっかけとなります。

香砂平胃散(コウシャヘイイサン)に頼るだけではなく、普段の生活習慣も正していきましょう。

漢方薬を管理するのに便利なアイテム

ピルケース
漢方薬を保管するのは大変です。

便利なアイテムを使用し、管理の手間を減らしていきましょう。

お薬ケース

お薬ケースは薬を管理するために販売されている商品です。

複数の部屋に分かれているので、薬を併用する際に便利でしょう。

各社さまざまなタイプを販売しているので、自分に合ったものを購入してみてください。

ジップロック

本来なら料理を保存するためのアイテムですが、漢方薬の管理にも一役買います。

しっかりと密閉することができるので、湿気を嫌う漢方薬を管理するのにとても便利です。

中身が透けているので、飲み忘れのリスクも軽減してくれます。

お薬ポーチ

薬を持ち歩くのに便利なアイテムです。

ポーチタイプなので、一見漢方薬を持っているようには見えません。

中には半透明のフィルムが使われ、細かく分別することもできます。

漢方薬を服用するのが嫌になったら気分を変えてみよう

スープ
毎日漢方薬の服用を続けていると、服用自体が嫌になってしまうことがあります。

そういったときには、気分転換を行ってみましょう。

気分を変えることでストレスなく、漢方薬を継続していくことができます。

スープに混ぜて漢方薬を服用する

お好きなスープに香砂平胃散(コウシャヘイイサン)を混ぜ、服用しやすくしてみてください。

スープは味のアレンジがしやすく、漢方薬の服用に飽きてしまった人には利用しやすい食品です。

なるべく水で服用していきたい漢方薬ですが、どうしても飲みにくいと感じたときは食品で漢方薬を服用するようにしてください。

オブラートや服薬ゼリーのようなアイテムを使用する

オブラートや服薬ゼリーといった、服用を便利にしてくれるアイテムを使用してみてください。

最近の服用補助食品には味のついたものも多いので、飽きてしまうことがほとんどないでしょう。

香砂平胃散(コウシャヘイイサン)を使うだけではなく生活習慣にも注意!

香砂平胃散(コウシャヘイイサン)は頼りがいのある漢方薬ですが、それだけに頼るのは危険といえます。

生活習慣を見直し、効果を実感しやすい体作りをしていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?