漢方薬・生薬

貧血に困っているなら四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)で解消!その正体とは

貧血に困っている人は、四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)が使っていきやすいでしょう。

貧血は軽く見られがちですが、そのまま放置していると他疾患を引き起こす恐れがあります。

少しでも症状に悩んでいる人は、早めに対策を行ってください。

四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)の効能

胃痛
四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)は、慢性胃腸炎、下痢、吐き気、貧血の症状に効果的な漢方薬です。

胃腸炎はそのままにしていると、胃がんや腸閉塞のような他疾患のきっかけとなることがあります。

ほかにも甘く見られがちな貧血ですが、そのままにしていると頭痛やめまいといったさまざまな症状を引き起こす要因となってしまうんです。

軽い症状でも油断せず、早めに対策を行っていきましょう。

四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)の副作用

倦怠感
ほとんど副作用の症状が出ることのない四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)ですが、中には症状が出てしまう人もいます。

無理に服用を続けると、さらに体調を損ねる恐れがあるでしょう。

少しでも体調不良を感じたら、すぐに四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)の使用をやめてください。

むくみや体重増加

むくみや体重増加の症状が出ることがあります。

むくみとは体内に余分な水分がたまり、体形に変化が起こってしまう症状です。

見た目を大きく損ねることになるので、少しでも症状を感じたらすぐに四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)の使用をやめてください。

胃腸の不快感

胃腸に不快感が広がり、気持ち悪さや食欲不振、吐き気といった症状が表れることがあります。

腹痛のような症状を感じたら、すぐに四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)の使用をやめてください。

全身の倦怠感

全身に倦怠感が起こり、うまく体が動かない、起き上がるのが面倒といった、さまざまな症状を感じることがあります。

いつもと体調が違うと感じたら、すぐに四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)の使用をやめてください。

このほかにもさまざまな副作用が起こることがあります。

ここに記載されている副作用は目安なので、少しでも体調不良を感じたらすぐに四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)の使用をやめましょう。

四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)の注意点

注意

ほとんどの人に使っていきやすい四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)ですが、中には使用に注意が必要な人もいます。

服用を続けると体調を損ねてしまうので、使用には注意するようにしてください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)を服用すると、それぞれの薬が影響しあってしまうことがあります。

効果がなくなったり悪影響をもたらすことがあるので、併用には注意するようにしてください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)を服用すると、体調を損ねてしまうことがあります。

持病の種類によっても対応は違ってくるので、使用には注意してください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)を服用すると、母親の体調に影響することがあります。

医師に確認してから使用するようにしてください。

小児や高齢者

高齢者や小児が四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)を服用すると、体調を損ねてしまうことがあります。

該当者の手に届かないよう、保管場所には注意してください。

四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)の服用法

コンデンスミルク
四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)を服用する際は、水やお湯もしくはぬるま湯で服用してください。

コーヒーやジュースで服用すると、効能を損ねてしまうことがあります。

食事のタイミングにも気を配り、食前や食間に使用してください。

貧血が起こりやすい人はめまいや頭痛に悩んでいる

めまい 貧血
貧血が起こりやすい人は繰り返される、さまざまな症状に悩んでいます。

実は貧血によって起こる症状は、めまいだけではありません。

それに伴い頭痛、動悸、息切れ、倦怠感といった、多くの症状を引き起こしてしまうんです。

よく勘違いされがちですが貧血は、頭だけに関係する症状ではありません。

ヘモグロビンという酸素運搬に必要な成分が生成されず起こってしまうのが、貧血という症状です。

酸素運搬は体全体で行われている働きなので、頭だけに症状が出るわけではありません。

つまり貧血が起こってしまえば、体全体が支障を来たすことになってしまいます。

漢方薬がいいのは分かるけどなんだか使用しにくい

まずい
漢方薬は頼りがいのある効果的な医薬品です。

でも漢方薬はなんだか使いにくいと感じる人が珍しくありません。

そういう人には一定の特徴があるので、参考にしてみてください。

独特の味わいや風味がある

四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)を初めとする漢方薬には、独特の味わいや風味が存在しているので服用しにくいと感じる人が珍しくありません。

すぐに効果が表れないのでやめてしまう

漢方薬は継続的に使用することで、徐々に効果を発揮する傾向にある医薬品です。

そのためすぐに効果を感じることができないと、やめてしまう人がいます。

いつのまにか消費期限が切れて捨ててしまう

いつのまにか漢方薬の消費期限が切れてしまい、そのまま捨ててしまう人がいます。

その後買いなおすことなく漢方薬をやめてしまうんです。

漢方薬を継続するためにできる工夫とは

漢方薬を続けていくためには、自分でできる工夫を行っていきましょう。

食品をうまく使って味わいや風味をごまかす

食品が持っている味わいによって、漢方薬が持っている独特の味わいや風味をごまかすという手があります。

コンデンスミルクやハチミツといった、混ぜ合わせやすい食品と合わせてみましょう。

飽きてきたらアレンジをして、自分流の味付けをしてみるのも楽しいですね。

お薬カレンダーを使って漢方薬を保管する

お薬カレンダーは薬を服用したかどうか、簡単に知ることができるアイテムです。

朝、昼、夜に分かれているので、飲み忘れを防いでくれます。

飲み忘れがなくなるということは、いつのまにか消費期限が切れてしまうリスクを軽減することができるでしょう。

頼りがいのある四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)!でも副作用もあり

四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)は貧血に効果的な、頼りがいのある漢方薬です。

でも中には副作用を感じてしまう人もいて、使用に注意が必要な場合もあります。

四逆加人参湯(シギャクカニンジントウ)の効能だけではなく副作用も把握し、うまく漢方薬を活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?