遺伝子検査について

遺伝子は、一生変わらない。

生まれ持った遺伝子コードは、原則として一生変わることはありません。
そのためアナタの先天的な体質を受け入れ、アナタのどこが弱いのか。何を重点的に守るべきなのかを知ることが大切です。

遺伝子検査でわかる体質的特長

AGA ← 男性型脱毛症

AGAの一般的な症状としては、だんだんと額が後退してきたり、頭頂部が薄くなるなどの症状が起こってくるのが特徴です。
このような髪の毛の変化は、20代前後から始まって35歳までには、約40%の男女に何らかの脱毛の症状が現れます。
AGAには特異的な脱毛パターンがあり、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていき、薄毛(うす毛)が進行していきます。
AGAの発症年齢や進行の程度には個人差があります。早い人では、10代で症状が現れるケースもあります。
このAGAは、一般的に「遺伝」と「男性ホルモンの影響」から起こると考えられています。

潜在的な薄毛に関係する 2 つの遺伝子を解析

薄毛リスク『AR GGC repeat』
フィナステリド感受性『AR CAG repeat 』
AR遺伝子の役割
[ A R = ア ン ド ロ ゲ ン レ ゼ プ タ ー]
アンドロゲンは、毛根細胞の受容体によって受け取られ、その細胞に入って作用するアンドロゲン受容体遺伝子には特定の塩基配列が繰り返し存在する領域があり、この領域が短い人では、AGAが発症しやすい傾向にあることがわかってきています。
フィナステリド
本遺伝子検査を受けることによって、AGA治療の代表的な育毛剤である「プロペシア(フィナステリド)」が効きやすいかどうかを調べることが出来ます。
これからAGAの治療をしていこうと考えている方にとっては、自分の体に薬が効きやすいのかどうか非常に気になる部分だと思います。
自分にはプロペシアが効きやすいのかどうかを事前に検査しておくことで、そういった不安な気持ちにもなりにくいですし、精神的にも余裕ができるでしょう。

GENETISTの特徴
① 解析率99.99%の正確性
遺伝子情報を直接読み取れるダイレクトシークエンス法を採用
※ダイレクトシークエンス法に関する詳細な説明はこちらでお読みいただけます。
日本国内の検査機関で現役ドクターによる検査・解析を行っています。
論文に基づいた科学的根拠のある解析を提供。
② 充実した適切な検査結果をお届け。
専門用語の解説はもちろん、わかりやすい表現で鑑定書を作成しています。
検査結果に基づいた一人ひとりの遺伝子情報に合わせたプログラムを提供。
ライフスタイルの見直しや日常生活の参考などにお役立てください。
③ 安心・安全をお約束
検査から結果まで国内の提携機関にて一貫した管理を徹底。
GENETISTはこの検査以外に
1.遺伝子情報を使用しません。
2.検査項目以外は、解析しません。
3.解析完了後は、適切に廃棄いたします。
遺伝子情報は究極の個人情報です。
お客様の個人情報と検体(検査に使用する細胞)が結びつかないように検体を暗号化し検査施設内で検査・解析を行います。

商品メニュー

  • 一般用医薬品
  • 指定医薬部外品
  • サプリメント
  • 遺伝子検査キット
  • メディア掲載情報
  • キャンペーン
TOP
何かお困りですか?