遺伝子

ペットのために遺伝子検査を行うべき!飼い主さんが気を付けたいこと

人間は様々な病気にかかりますが、それはペットも同じことです。

数ある疾患の中でも治療方法が確立されていない難病になってしまうと怖いですよね。

ペットも多くの難病があり、そのほとんどが遺伝子の異常によるものです。

あまり知られていませんが繁殖過程での検査はあまり行われず、遺伝子に異常を持った猫や犬が繁殖され、飼い主さんの手に渡る実情があります。

今飼っているペットの健康のためにもぜひとも行ってほしいのが遺伝子検査です。

そこで今回は、ペットの遺伝子検査についてご紹介します。
k28

遺伝子検査とは?

皆さんは遺伝子検査をご存じですか?

親から子へ受け継がれる遺伝子を解析することで病気の発病リスクや親子関係、血統鑑定、犬種・猫種を調べることが出来ます

遺伝子はDNAの塩基配列によって構成されるもので、その個体ごとに情報に違いがあります。

遺伝子情報に異常があると将来遺伝性疾患を発症してしまうかもしれません。

予め検査を行い、発症リスクを把握しておくことで病気が発症した際にいち早く治療を開始することが出来るので今飼い主さんの間で遺伝子検査が話題となっています。

雑種の場合も遺伝子検査によって両親の犬種を調べることが出来ます。

病院で検査が受けられるだけでなく、費用が安い遺伝子検査キットも販売されていて、検査方法はペットの粘膜サンプルを採取して細胞内に存在するDNAを解析する専門機関へ郵送するだけ。

検査結果も大体2週間から3週間程で出ます。

料金も7000円前後と決して高い価格ではないので自分の飼っている犬が雑種なのか純血種なのか気になる方は一度検査して確認してみてはいかがでしょうか。

ペットに関する多くの情報を調べることが出来る遺伝子検査ですが、利用する方の多くは遺伝子の異常で起こる疾患を調べています。

なぜペットの遺伝子に異常があるのでしょう?

ペットの遺伝子異常について

k30
出典 : https://nekogazou.com/
ペットはブリーダーによって繁殖され、ペットショップで販売されています。

犬や猫は可愛さや希少性を求めるばかりに様々な種類を掛け合わせることで作られています。

スコティッシュフォールドという猫は折れた耳が可愛いと大人気です。

しかしこの折れた耳は遺伝性の病気で骨に異常が原因なのです。

変性の遺伝子を持った状態のペットによる繁殖が繰り返されることにより遺伝子に異常があるペットが多く誕生してしまうのです。

本来であれば繁殖の過程で遺伝子検査を行い、遺伝子に異常のある動物で繁殖は行わないようにするのが常識です。

しかし遺伝子の異常は見ただけでは分からず、ブリーダーは遺伝子に異常があることを知りながらお金儲けを優先してそのまま交配させます。

遺伝子に異常があるにも関わらず販売されることで飼い主さんの手に渡ってしまうのです。

自分のペットは正規店舗で購入したから大丈夫という方がいますが、ビジネスで行っている以上は一定のリスクがあることを頭に入れておきましょう。

遺伝子異常で起こる病気

ペットに起こる病気は多数ありますが、その中でも遺伝子の異常によって起こる病気は数種類に限られます。

更に犬種・猫種によって発症しやすい病気が変わります。

次は遺伝子異常で起こる病気と発症しやすい犬種・猫種を見ていきましょう。

進行性網膜萎縮症

進行性網膜萎縮症はその名前の通り目の網膜が時間の経過と共に萎縮してしまう病気です。

初期症状は暗所での動きがぎこちなくなり、夕暮れのお散歩で障害物にぶつかったりしてしまいます。

いつかは失明してしまう病で、根本的な治療方法は見つかっていません

発症する犬種が多いため、些細な変化にも気づくことが大切です。

発症しやすい犬種

ラブラドール・レトリーバー、アイリッシュ・セッター、コリー、シェットランド・シープドッグ、トイプードルなど他にも数十種類

コリー眼異常

コリー種に発症する確率が高い病気で、目の内部にある血管に異常が発生します。

次第に網膜から出血し、網膜剥離の症状も見られるようになります。

やがては失明してしまう恐ろしい病気です。

こちらも進行性網膜萎縮症と同じように治療方法は見つかっていません。

発症しやすい犬種

コリー、シェルティー、ボーダーコリー、オーストラリアンシェパードなど

GM1ガングリオシドーシス

柴犬に起こる致死性の病です。

ガングリオシドという物質が脳に蓄積し、やがて死に至る病です。

生まれてから15か月後には死んでしまいます。

発症しやすい犬種

柴犬

多発性嚢胞腎症

猫の腎臓に小さな嚢胞が出来ていく病です。

嚢胞が成長するにつれて心臓の機能は低下し、症状が進行すると腎機能の大半が失われます。

やがては慢性腎不全によって亡くなってしまいます。

発症しやすい猫種

アメリカン・ショートヘアや雑種、ペルシャ猫など

脊髄性筋萎縮症

脊髄および下位脳幹に起こる異常で、胴体や四肢を動かす神経が消失する病です。

運動機能に障害が起こることで身体を動かすことが出来なくなります。

生後3ヶ月程で発症すると言われています。

発症しやすい猫種

メインクーン、スコティッシュフォールドなど

遺伝子検査のメリット

k29

遺伝子の異常による病気の殆どは治療方法がありません。

更に人工的に作られた種類は遺伝子異常が起こりやすいと言われています。

遺伝子検査を行う事で愛犬や愛猫の些細な変化に気づくことができ、適切な対処が出来るでしょう。

多くの病気は根本的な治療方法がありませんが、症状の進行を遅らせる方法はあり、失明や死に至る病でも食い止めることは可能です。

予防をするという観点からも子犬・子猫のうちから検査を受けることは大切です。

ペットの遺伝子検査の費用

遺伝子検査の費用は大体7000円前後と言われています。

市販の遺伝子検査キットもありますが、そちらは1項目あたりで価格を設定しています。

病院で受ける検査と市販の検査キットも精度はあまり違いはありません。

検査キットは手軽に調べることが出来るだけでなく、サービスも充実している検査キットがおすすめです。

まとめ

k31
いかがでしたか?

今回は、ペットの遺伝子検査についてご紹介しました。

遺伝子検査の効果は先天性の病気のリスクを把握できるだけでなく、対策を講じることも出来ます。

遺伝子疾患について知る人も少なく、遺伝子検査を受けることは非常に大切です。

ぜひペットのためにも遺伝子検査を受けてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?