病気・未病

逆流性食道炎の原因とその症状とは?対策法を知ろう

胃の不調を引き起こす逆流性食道炎は、仕事やプライベートにも影響する困った症状を引き起こします。その原因と症状を知り対策していき、胃の不調を解消していきましょう。

逆流性食道炎とは?

Reflux esophagitis
逆流性食道炎とは胃酸を含んだ内容物が食道に逆流することで、さまざまな不快感を起こす症状です。

胸やけ

食道に胃酸を含んだ胃液が逆流するため胸やけの症状が起こります。不快感が増してくると吐き気を催し、実際に吐くこともあります。

締め付けられるような胸の痛み

胸が締め付けられるような、重い痛みを感じることがあります。症状が似ていることから狭心症と間違われるケースもあります。

しつこい咳

のどや気管支、食道の粘膜に胃酸を含んだ胃液がかかることにより、乾いた咳が慢性的に続くことがあります。

風邪だと思っていたのに逆流性食道炎の治療をすることで、咳が緩和されて気がつくことも多いようです。

呑酸(どんさん)

胃酸を含んだ酸っぱい胃液が上がってきて、焼けるような不快感を引き起こします。

口の中に酸っぱさや苦味を感じることもあります。

のどの不調

のどが胃酸により、不快を感じることがあります。声質にも影響が出ることもあります。

これらの症状がすべて発症してしまうこともあり、生活に大きく影響を及ぼします。早い治療が大切になりますね。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎
逆流性食道炎になってしまう原因は人それぞれです。よくある原因をご紹介します。

脂肪分の多い食事のとりすぎ

普段から脂肪分の多い食事をとっていると下部食道括約筋が緩み、逆流性食道炎を引き起こすきっかけとなります。下部食道括約筋とは食道と胃のつなぎ目にある筋肉で、食べたものを胃に導き胃酸の逆流を防いでくれています。

加齢による機能の低下

年齢を重ねていくことにより、逆流性食道炎を発症することがあります。特に下部食道括約筋・食道のぜん動運動・唾液の量は胃液の制御に大切で、これらの働きが悪くなると逆流性食道炎の要因となります。

姿勢が悪いため胃が圧迫される

姿勢が悪い人は胃を常に圧迫しているため、胃の負担が慢性化し逆流性食道炎を引き起こすことがあります。

逆流性食道炎に効果的な対策法

逆流性食道炎の対策
逆流性食道炎は普段からの心掛けで対策していくことができます。

ストレス解消

ストレスを感じると胃酸の量が多くなり胃の負担を増やします。そのため刺激に弱くなり逆流を引き起こすことがあります。手軽にリラックスできる方法を決めておくと良いと思います。

例えばアロマテラピーはほかのことをしながら行えるので、時間的制約を受けづらく手軽に取り入れることが可能です。アロマテラピーに使われる精油は湯船にも使うことができるため、入浴の際に使用するのも良いと思います。

食生活に気を付ける

脂肪分の少ない食事を心がけることで、逆流性食道炎を予防することができます。脂肪分の多い食事は、下部食道括約筋をゆるめ逆流しやすくなります。

できるだけ油を控えて、胃に負担をかけないようにしましょう。

生活習慣を整える

不規則な生活習慣は胃に負担をかけます。食事をとる時間を一定にする・寝る時間起きる時間を一定にするといった工夫でも胃を健康的に保つことが可能です。

イツラックで胃の症状を爽快に

3種類の生薬を独自配合し、胃の不調に働きかける指定医薬部外品です。

初めての方にも服用していただきやすい商品です。

イツラックの効能

イツラック
イツラックは食べ過ぎや飲み過ぎによる胃の不快感や、吐き気などに効果的な指定医薬部外品です。

桂皮(ケイヒ)、茴香(ウイキョウ)、丁子(チョウジ)の3種類の生薬を配合し効果を発揮しています。

桂皮(ケイヒ)

最古の香辛料として有名で、取り扱われてきました。多くの漢方薬に配合されていて胃腸の働きを整えてくれます。

丁子(チョウジ)

紀元前から利用されてきた生薬です。しゃっくりを改善する漢方薬にも含まれています。胃腸の働きを整えてくれます。

茴香(ういきょう)

茴香(ういきょう)は古代エジプトやローマでも使われた、有名な生薬です。胃腸を整える漢方薬によく配合されていて、胃腸の機能を整えてくれます。

イツラックの全成分

ケイヒ、ウイキョウ、チョウジ、 I-メントール、中鎖脂肪酸トリグリセリド、コハク化ゼラチン、濃グリセリン、D-ソルビトール液、銅クロロフィリンナトリウム、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

イツラックの用法用量

イツラックは、携帯に便利で苦味を感じないカプセルタイプで飲みやすくなっています。

通常星人(15歳以上)は、1回1〜2カプセルを1日3回食前または食間に服用してください。

長引く不調は…

もし対策を行いそれでも改善しないときは、医師や薬剤師に相談しましょう。

できれば胃腸科か消化器内科が望ましいですが、もし近くに無い場合は内科でも大丈夫です。薬との相性もあるので、必ず今使用している薬品をすべて持っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

漢方薬剤師/薬膳料理家/国際中医師/国際中医美容師

大久保 愛

「アイカ製薬」代表取締役。
秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもつ。薬剤師となり中国の北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て漢方・薬膳の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?