病気・未病

PMS(月経前症候群)に漢方薬がおすすめな理由とは?

PMS(月経前症候群)は、多くの女性が抱えている悩みの一つですよね。

このPMSには個人差があり、症状が軽い方もいれば、毎月つらい思いをしている方もいます。

PMS(月経前症候群)は、原因の特定が難しく治療が難しい症状のひとつとされていますが、東洋医学の漢方を用いることで症状を和らげたり改善できるとされています。

そこで今回は、PMS(月経前症候群)になぜ漢方薬が効果的なのかについて紹介していきます。

PMS(月経前症候群)とは?

PMS(月経前症候群)は女性の悩みの一つで、生理痛や生理不順など、月経前の1~2週間ほどにわたり、イライラ、腹痛、頭痛など心身に様々な異常・不快症状が出てくることを言います。

大きな特徴は、月経が始まるとPMSの症状はなくなり、生理が終わると共に健康な状態に戻ることです。

このPMSは、はっきりとした原因は分かっていませんが、排卵後の女性ホルモンの急激な変化が関係しているとされ、生理前に黄体ホルモンの分泌が増えて、生理が始まると急に減ることから、このホルモンが関係しているのではないかといわれています。
k17

PMS(月経前症候群)の症状

PMSの症状を大きく分けると、

  • 身体の症状
  • 心の症状

に分けることができます。

生理前に身体や心に不調を感じるようであればPMS症状かもしれません。

身体の症状

生理前に感じられる「身体の不調」には以下のようなものがあります。

  • 腹痛
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 食欲増進、減退
  • むくみ
  • 体重増
  • 胸の痛み、張り
  • 頭痛
  • 微熱が続く
  • 眠気
  • 便秘
  • ニキビ
  • 疲れやすい
  • 血行不良

心の症状

生理前に感じられる「心の不調」には以下のようなものがあります。

  • イライラ
  • 精神的に不安定
  • 憂うつ
  • うつっぽくなる
  • 不眠
  • 寝つきが悪い
  • 無気力
  • 集中力低下
  • 細かい作業ができない
  • ボーッとする
  • 目覚めが悪い

PMSに対する漢方の効果

漢方医学の世界では、人の体も自然の一部であり、自然のサイクルから外れることで人体に異常をきたすとされています。

人体は、「気・血・水」の3要素で構成されており、この中の1つでもバランスを崩すと人体に悪影響を及ぼします。

PMSの症状は、この血(ケツ)のバランスが崩れることで現れるとされており、漢方薬では、この「血」を整える成分のものを用いることで改善できるのです。

PMSに漢方薬がおすすめな理由

k16
なぜPMS(月経前症候群)には漢方薬なのか?

それは、漢方薬には様々なメリットが多いからです。

漢方薬は、身体の自然治癒力を高める効果があり、症状の具体的な原因がはっきりとわからないような場合でも、その症状を和らげて改善できる効果があります。

また、個々の症状に合わせて生薬を配合し漢方薬を作るので、身体に優しく副作用の危険性が比較的低く、安心して安全に飲むことができるのです。

漢方薬にデメリットがあるとすれば、効果を得るのに若干時間がかかると言った点です。

しかし、漢方薬を継続的に飲み続けることで、身体の内側、体質から改善することができるので、その場の症状を和らげる西洋医学の薬よりも、長い目で見ると漢方薬のほうが効果的と言えるのです。

PMSが原因で「痔」になることもある

女性の悩みのひとつに「痔」があります。

男性よりも女性のが痔になりやすいとされ、PMSが関係しているのではないかとされています。

肛門の周りにはいくつもの筋肉が存在し、自ら肛門を締めたりゆるめたりして、便やおならが出るのを意志でコントロールできるようになっています。

肛門のすぐ内側にある直腸は粘膜でできていているので、トラブルが起こりやすいデリケートな部分です。

痔になる主な原因は、

  • 排便時の過度な圧力
  • 血行不良

とされています。

PMSには、便秘や血行不良といった「身体の症状」が現れることがあります。

便秘などで便が硬くなると、排便時に肛門に圧力がかり、切れやすくなります。

また、座りっぱなしなどでお尻が血行不良になると、おしりの毛細血管が集まった部分がうっ血し炎症することがあります。

このように、PMSにより便秘が起こったり、血行不良などが続くと結果的に「痔」になってしまうようなこともあるのです。

PMSによる痔なら【ピーチラック「乙字湯(おつじとう)」】

ピーチラック

商品名 ピーチラック「乙字湯(おつじとう)」
値段 通常7,960円 ⇒ 初回限定3,960円
内容量 1箱×32包(16日分)
主成分 トウキ、サイコ、ショウマ、オウゴン、カンゾウ、ダイオウ
公式サイト http://www.herbal-i.com/otc_drugs/peachrac/

ピーチラック「乙字湯(おつじとう)」は、第2類医薬品の漢方薬でキレ痔・いぼ痔などのお尻の悩みがある方に効果的な漢方薬です。

PMSからくる便秘や痔になってしまった場合にしっかりと作用する6種類の生薬を配合。

  • トウキ(当帰)
  • サイコ(柴胡)
  • ショウマ(升麻)
  • オウゴン(黄芩)
  • カンゾウ(甘草)
  • ダイオウ(大黄)

この6種類の有効成分の生薬が1包に凝縮されているので漢方の力で痔の症状を和らげ改善することができます。

主な効能は、体力中等度以上で、大便がかたく、便秘傾向のあるものの次の諸症;痔核(いぼ痔)、きれ痔、便秘、軽度の脱肛。

PMSからくるこのような症状以外でも、普段から便秘がちな方にもおすすめできる漢方薬です。

また、当サイトでは他のPMS症状にも効果的な漢方薬も紹介しているのでそちらも合わせて確認してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?