病気・未病

むくみを引き起こしてしまう原因とは?対策法も知っておこう

朝起きた時に顔がむくんでいたり、午後になると足首がぽてっとむくんでいたり意外とむくみは身近な存在ですよね。

だからといって放置していると、そのむくみは徐々に蓄積されセルライトの原因になったりとどんどん解消しづらくなっていきます。

今回は、そんなむくみの原因と対策について説明していきます。

むくみができてしまう原因とは

足のむくみ
血液がリンパ液の循環が悪い時に起こります。体の老廃物は全身にある静脈やリンパ管を通り心臓に回収されますが、流れが悪いと静脈やリンパ液がつまり細胞と細胞の間に余分な水分としてたまってしまい、むくみとなります。

日常的なむくみ

体調不良・血行不良・運動不足といったことで起こるのが、このタイプのむくみの特徴です。このタイプの場合は自然と治ることもあれば、慢性的に続いていくこともあります。

病気によるむくみ

内臓が通常通りに働かないため、うまく血液循環が行われず起こります。

むくみによって起こる症状

足のむくみ

いつものズボンがはけない

心臓から遠く重力の影響を受けやすい足元はむくみやすい部分です。筋肉が少ない人や同じ体勢を長時間している人は慢性的にむくみを感じやすくなります。

急に体重が増えた

体重が増えるケースがあります。慢性的なむくみで老廃物が蓄積されたり、代謝がさがることで太ることがあります。

むくみの対策法って?

足のむくみ
むくみを解消していくためには、日常的にケアしてあげることが大切です。続けやすいものから取り入れてみましょう。

定期的な運動

定期的な運動はむくみを解消するうえでとても効果的です。運動を行うことで心臓のポンプが正常に働き、体中の血流改善が期待できます。

また、普段使わない場所を動かすことで、蓄積した水分を体外に出しやすくしてくれます。

例えばストレッチや30分程度のウォーキング、ラジオ体操でも可能です。続けることが大切なので、無理なく定期的に行っていくといいですね。

食生活の改善

むくみを解消するためには、食事のバランスも意識してみましょう。

ビタミンを豊富に含んだ食品

ビタミンをバランスよく取るためには、鶏レバー・にんじん・アーモンド・納豆を含んだ食事がおすすめです。

ミネラル

キノコ・ほうれん草・牡蠣といった食品を食事に取り入れ、ミネラル豊富な食事を取り入れましょう。ミネラルを含んだ食品は鍋にすると取りやすいですね。

タンパク質

むくみは筋肉の不足により引き起こることが多いです。適度な運動をしながらしっかりタンパク質もとるようにしましょう。

むくみに効果的なEGタイトpure 防風通聖散

EGタイトpure
EGタイトpure 防風通聖散は、むくみや肥満に効果的な第2類医薬品です。

トウキ、シャクヤク、センキュウ、サンシン・レンギョウ、ハッカ・ショウキョウ、ケイガイといった、たくさんの生薬がふくまれています。

タブレットタイプ(粒)として販売されているので、顆粒タイプが苦手な人でも飲みやすいでしょう。脂肪や老廃物の解消にも役立つので、むくみによって体重が増えてしまった人にも使いやすい商品といえます。

金額 4,980円(税込)

用量 1袋225錠

EGタイトpure 防風通聖散の成分

トウキ、シャクヤク・センキュウ、サンシン・レンギョウ、ハッカ・ショウキョウ、ケイガイ・ボウフウ、マオウ・ダイオウ、硫酸ナトリウム・ビャクジュツ、キキョウ・オウゴン、カンゾウ・セッコウ、カッセキ/ 添加物:乳糖、バレイショデンプン、カルメロースCa、ステアリン酸Mg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

漢方薬剤師/薬膳料理家/国際中医師/国際中医美容師

大久保 愛

「アイカ製薬」代表取締役。
秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもつ。薬剤師となり中国の北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て漢方・薬膳の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?