病気・未病

漢方薬は更年期障害に最適な薬!?知られていない更年期の全て

女性なら誰しもが通る更年期。

更年期はホルモンバランスが乱れて様々な症状が体に出てきます。

その辛さは日常生活をまともに送れなくなってしまうほどで、悩みを抱える女性は非常に多いです。

そんな更年期障害にうってつけなのが漢方薬です。

ホルモンバランスを整えて更年期障害によって引き起こされる症状を緩和させます。

そこで今回は、漢方薬と更年期について紹介していきます。

更年期とは?

更年期の女性
よく耳にする更年期という言葉をどのような時期を指すのかご存知ですか?

更年期は45歳~55歳までの人を指しています。

これは日本人女性を平均すると50歳ごろに閉経を迎えるのでその前後の10年間を更年期として定めたのです。

更年期は女性だけと思われがちですが、実は男性にも更年期はあります。

男性の場合は働き盛りの40代から50代にかけてで、女性と似たような更年期症状が出てきます。

なぜ更年期障害が出てくるのか次で詳しくご説明します。

なぜ更年期障害が出てくるの?

なぜ更年期に体に異常が出てくるのか不思議ですよね。

それは閉経が関係しています。

女性の体は女性ホルモンの影響を受けやすく、一生を通じて大きく変化します。

閉経は卵巣の働きが低下して女性ホルモンの分泌量が減少します。

そのため全身のホルモンバランスが崩れて体のあちらこちらで不調が出てくるのです。

この不調の総称を「更年期障害」と呼んでいて、漢方医学では「血の道症」と呼ばれています。

では卵巣がない男性にも更年期障害が出てくるのでしょう?

次は男性の更年期障害についてご説明します。

男性の更年期障害について

男性の更年期障害はテストステロン(男性ホルモン)の減少によって引き起こされます。

テストステロンは性欲を高めたりヒゲを生やしたり決断力を付けたり心身を活性化させて男らしさを発揮するホルモンです。

このテストステロンの分泌量はは20代がピークで、その後は加齢とともに減少していきます。

性欲や意欲が減退し、身体機能の低下、うつ症状やメタボリックシンドロームを誘発してしまいます。

現代人の9人に1人は潜在患者と言われていて、他人事ではないのです。

そんな男性にも関係のある更年期障害ですが、実は漢方薬で改善が見込めます。

その理由を見てみましょう。

漢方薬が更年期に効く理由

漢方医学では人体は「気・血・水」の3要素で構成されていると考えられています。

気(き)は目に見えないエネルギーですが、人が活動するうえで必要となるものです。

頭から手足へ向かって流れていますが、流れが滞ったり逆流するとめまいや頭痛、イライラなどの症状が出ると考えられています。

血(けつ)は体中をめぐっている血液を指しています。

血液の流れがスムーズにいかないと冷え症や頭痛、肩こり、疲労感といった症状が現れてしまいます。

水(すい)は血液以外で体内にある水分を指します。

水分は人体を構成するうえで欠かせない物ですが、滞ってしまったり不足するとめまいやむくみの症状が現れます。

3要素がバランスよく整っていると健康な体ですが、どれか一つでもバランスが崩れると不調として体へ現れます。

漢方医学ではこのバランスを整えることを基本に考えられていて、西洋医学では病名のつけられない「未病」にも対処できます。

いわゆる更年期障害も西洋医学では未病の部類に入るので具体的な治療法が限定的です。

ですが、漢方薬は様々な生薬を組み合わせることで更年期障害に対して多方面からアプローチすることができます。

次はそんな漢方薬を見ていきましょう。

更年期障害に効果的な漢方薬

漢方薬
更年期障害によって引き起こされる症状は腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなど様々です。

そのため、どの漢方薬を選べばいいのか一目で判断するのはとても難しい事です。

そこで今回は、症状や体質・体力別にオススメな漢方薬をご紹介していきます。

ぜひ参考にして更年期障害を乗り切ってください!

温清飲(ウンセイイン)

血液の流れを正常にし、出血を抑える作用があります。

手足のほてりやのぼせを取る作用もあり、解熱作用を利用したいときに使われています。

ホルモンのバランスを整える効果があり、更年期障害には最適な漢方薬です。

他にも生理不順や生理痛にも有効で、女性向けとなっています。

更年期障害の関連症状として出てくる不安感やイライラにも有効です。

肌が乾燥しやすい人にもおすすめで、皮膚炎や湿疹にも効果があります。

配合されている生薬
  • 当帰(トウキ)
  • 川きゅう(センキュウ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 地黄(ジオウ)
  • 黄ごん(オウゴン)
  • 黄柏(オウバク)
  • 黄連(オウレン)
  • 山梔子(サンシシ)

加味逍遙散(カミショウヨウサン)

女性特有の月経トラブルを中心に解消してくれるのがこの漢方薬です。

血液循環を促進して体を温めてくれるので冷え症に有効で、上半身の熱を冷ましてくれます。

イライラや不安感を伴う更年期障害にはピッタリで、他にも倦怠感や不眠症にも適応しています。

更年期障害以外には自律神経失調症、月経前緊張症にも用いられています。

さらに便秘も解消してくれるオールラウンドな漢方薬です。

配合されている生薬
  • 柴胡(サイコ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 蒼朮(ソウジュツ)
  • 当帰(トウキ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 山梔子(サンシシ)
  • 牡丹皮(ボタンピ)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 薄荷(ハッカ)

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

生理不順や生理痛、更年期障害に悩んでいて比較的体力のある人に処方される漢方薬です。

血行を良くして熱のバランスを整える効果があり、のぼせや冷えを改善してくれます。

体形はしっかりしていてもなんだか調子の悪いという人に向いています。

さらに子宮内膜症やニキビ、しもやけ、痔、打ち身などにも用いられます。

漢時代の「金匱要略」という古典書で紹介されている歴史ある漢方薬です。

元気のある人はこの漢方薬を選びましょう。

配合されている生薬
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 桃仁(トウニン)
  • 牡丹皮(ボタンピ)

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

この漢方薬は主に貧血症状が出ている人に処方される漢方薬です。

もちろんホルモンバランスも整えてくれるので更年期障害にも適しています。

一般的には色白で冷え症も併発し、やせ形で体力のない人向けです。

体が重いと言った体の疲れに始まり、生理不順や生理痛、生理前後の不快症状までカバーしてくれます。

閉経前の40代女性に非常にオススメな漢方薬となっています。

更年期障害を感じたら

更年期の女性
ここまで漢方薬についてご紹介してきましたが、自分に合った漢方薬は見つかりましたか?

漢方薬を飲むだけでは更年期障害を乗り越えるのには少々心細いと思っている方もいるでしょう。

そんな人にオススメなのが生活環境を見直すことです。

自宅でも簡単に出来る更年期障害対処法は実際に多数あり、その多くが今日から実践可能なものばかりです。

漢方薬と併せて試しておきたい更年期障害対処法を見ていきましょう。

氷枕を利用する

身体が火照って睡眠不足になりがちと言う人は氷枕で頭を冷やしましょう。

火照った体を頭から冷やしていくことで寝つきが良くなり、安眠できます。

首に痛みを感じる場合はふかふかのタオルを少し厚めに巻く工夫をするとより寝やすくなります。

ただし、冷え症を発症している人は氷枕の使用は控えましょう。

カフェインを摂取しない

カフェインを摂取すると睡眠の妨げになるのは有名な話ですよね。

寝る8時間前にはカフェインを摂取しないように心がけると良いでしょう。

一番いいのは午後以降には摂取しないことですが、コーヒーや紅茶、お茶など好きな人にはツラいことなので自分で目安を設定してその時間以降は飲まないようにしましょう。

お風呂のタイミングを工夫する

寝る2時間前までにお風呂は済ませましょう。

お風呂の後にすぐ寝ようとしても体が必要以上に火照ってしまい汗をかいてしまいます。

寝つきが悪くなるだけでなく自律神経の乱れにもつながるのでお風呂のタイミングを工夫することが大切です。

長風呂もあまりオススメはできないので30分を目安に上がるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

漢方薬剤師/薬膳料理家/国際中医師/国際中医美容師

大久保 愛

「アイカ製薬」代表取締役。
秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもつ。薬剤師となり中国の北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て漢方・薬膳の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?