病気・未病

耳鼻科の病気、メニエール病とは?めまいやふらつきを感じたら注意!

皆さんはめまいやふらつきを引き起こす「メニエール病」という病気をご存じですか?

めまいやふらつきを感じると多くの患者さんは内科や脳外科を受診します。

しかし脳に異常がないことが判ると耳鼻科を紹介されるのです。

なぜめまい・ふらつきで耳鼻科を紹介されるのか不思議ではありませんか?

今回は、メニエール病と耳鼻科について詳しくご紹介します。

ふらつきを感じたら耳鼻科へ!

耳鼻科
私たち人間がバランスを取って歩いたり、物をぶれないように見たり、話したりすることは全て脳神経からの指令に基づいています。

そのため神経・筋疾患のある人はめまい・ふらつき、話しづらい、息苦しいなどの症状が現れます。

めまいやふらつきを引き起こす脳の病気は様々あり、脳梗塞、脳腫瘍などが有名です。

しかし実はめまい・ふらつきの多くは耳の中にある組織が影響していると言われていて、内科や脳外科を訪れた人の多くは耳鼻科を紹介されます。

これはめまいを感じる人間の身体の作りの特徴で、人間は自分の周囲の空間を認識したり、もの位置を目や内耳、手足などで感知しています。

特に身体のバランスである平衡感覚をコントロールしているのが内耳です。

内耳の仕組み

耳は外耳・中耳・内耳の3か所に分かれ、主に音を聞くためにあります。

耳の最深部である内耳は聴覚を担当している蝸牛(かぎゅう)と平衡感覚を調整している前庭(卵形嚢・球形嚢・三半規管)で構成されています。

蝸牛はカタツムリのことで、カタツムリの甲羅のような形をしていることからその名前が付けられました。

バランスをつかさどる耳石系は細かい毛が密集していて、その毛の先に石が乗っています。

この石の動きによって重力や遠心力などを感知し、人はバランス感覚を得ているのです。

さらに三半規管は回転運動を感知していて、乗り物酔いしやすい人はこの器官が敏感であると言われています。

このように内耳にはバランスを感知する器官が密集していて、内耳に異常が発生することで人はめまいやふらつきを感じるのです。

めまいやふらつきの原因は耳にあると分かったところで次はメニエール病とは一体どのような病気なのか見ていきましょう。

メニエール病はどんな病気?

めまい
耳の病気で良く聞くのがメニエール病という病気です。

メニエール病は内耳のリンパが増えてしまい、水膨れのような状態になる「内リンパ水腫」のことを指しています。

先ほどご紹介した蝸牛・三半規管・耳石器の両方、もしくは一方に水ぶくれになることで症状が現れます。

蝸牛は音を聞くのに欠かせない器官なので、蝸牛に異常が起こると音が聞こえにくくなったり聞こえなくなる難聴の症状が現れます。

三半規管・耳石器に水ぶくれが起こればめまいを感じやすくなり、症状が酷いと激しく回転するような感覚に襲われます。

メニエール病の特徴

難聴やめまいを起こす内耳の病気は様々あり、メニエール病だ!と断定するためには詳しいカウンセリングや検査を行わなければなりません。

まずはメニエール病にどのような特徴があるのかご説明します。

メニエール病は難聴とめまいを同時に起こすこともあれば、どちらか一方の症状のみが現れます。

それぞれの症状の強さも内耳の水ぶくれの激しさに左右されるため、人によってはメニエール病だと自覚しないことも多いです。

メニエール病の特徴としてはめまいの持続時間が10分~数時間程度であることが多いです。

貧血や低血圧によって引き起こされるめまいや数秒から数十分の間で収まることが多いのですが、メニエール病はかなり長い間めまいやふらつきの症状が現れていることになります。

めまいの強さにも強弱があり、激しく回転するようなものから足が地面に付いていないような浮遊感を感じるものまで様々です。

もしそのような症状が現れている場合は症状が出ている時間を正確に覚えておくようにしましょう。

また、蝸牛の水ぶくれによって引き起こされる難聴についてもめまい・ふらつきと同様に症状に強弱があります。

水ぶくれの症状がヒドイ場合は難聴は悪化し、まったく音が聞こえない状態になります。

逆に水ぶくれがそこまで悪化していない場合は耳の奥になにかが詰まっている感じや耳鳴り、音が反響するような感覚になります。

そしてメニエール病の最大の特徴はこれらの症状が何度も反復して起こることです。

時間が経過すると症状が現れなくなり、一過性のものかな?と思いますが、そのまま放っておくと難聴やふらつきがずっと残ってしまうことにもなりかねません。

メニエール病の原因

ストレスを感じる女性
メニエール病を発症する原因ははっきりとは解明されていません

しかし発症する人は30~50代の女性に多く、次いで働き盛りの男性に多くなっているため、ストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化・自律神経の乱れ・生活習慣の乱れ・几帳面な性格などが原因ではないかと言われています。

もしメニエール病を発症してしまった場合は日ごろの生活の中で心当たりのあるものを改善する必要があります。

原因がはっきりしない場合は再発する恐れもあるため、注意が必要なのです。

メニエール病の治療方法

メニエール病の治療方法は基本的にめまいどめ・利尿剤・循環改善薬・ビタミン剤などの内服薬を服用します。

これらの内服薬が摂取できないような状態の場合はベッドの上で安静にし、めまい止めの点滴を行って症状を緩和させます。

発作が起こる初期の段階でめまい止めなどの薬剤を用いることで病気の悪化を食い止めて症状の軽減を図ることが出来ます。

基本的に症状を抑えることが主となるため、メニエール病の原因であるストレスや生活習慣を整えていく必要があるのです。

受診する耳鼻咽喉科について

耳鼻科
メニエール病を治療するにあたって、耳鼻咽喉科を受診しなければいけません。

メニエール病には厳密な診断基準があり、ほかの病理的要因を排除した上で最終的にメニエール病ではないかと診断されます。

難聴やめまいが一度起きただけではメニエール病との診断は下せず、メニエール病の特徴である反復して症状が起きることが確認されなければいけません。

厳密な検査と経過観察を行う必要があるのです。

また、耳鼻科についても専門的なものがあり、めまいを主として扱う神経耳科という分野があります。

お住まいから近い場所に神経耳科があればぜひそちらを受診してみてください。

神経耳科について

耳鼻科はとても有名な科ですが、その科の専門性の高い神経耳科について知っているという人は少ないのではないでしょうか。

現代社会はストレスを貯めやすい環境のため、年々ストレスが原因の病を訴える患者さんが増加しています。

メニエール病もそんな疾患の一つで、厚生労働省が難治性疾患に指定しています。

そのような専門性の高い疾患の治療を行うのが神経耳科です。

神経耳科のような専門性の高い科があるのは大きな病院が多く、メニエール病などの根本的治療から平衡訓練・下肢の筋力増強を目的としたリハビリテーションなども行っています。

原因不明のめまいやふらつき、難聴などを感じたら一度耳鼻科を受診し、それでも解決しないような病気の場合は医師に神経耳科を紹介してもらうのが一番です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、メニエール病と耳鼻科について詳しくご紹介しました。

めまいやふらつきを感じた場合はまずは耳鼻科を受診することをおすすめします。

脳の障害によってめまいなどを感じることはありますが、メニエール病などの難聴を伴う症状が出ている場合は神経耳科や耳鼻科の分野です。

近年になって現代病として認知されてきましたが、それでもまだメニエール病は認知度の低い病気です。

日ごろからストレスを貯めている人や生活習慣が乱れている人は特にご注意ください。

何か異常を感じたらすぐに病院へ行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?