病気・未病

不快なめまい・体からのSOSのサインかも!対処法や対策を公開!

いきなりクラッとめまいが起こるとびっくりしますよね。
実はめまいは体からのSOSのサインで、放置していると重大な病気になっているかもしれないものなのです。
今回はめまいについて詳しく書いていきます。
ぜひめまいで悩んでいる方は一読してみてくださいね。

めまいとは?症状や原因をチェック!

めまい
めまいと言っても、症状は人それぞれです。
・ぐるぐる目が回る
・立ち眩みのようなめまい
・ふわふわふらつく
・目の前が暗くなる
これらすべてがめまいに分類されます。

実はめまいは4種類に分けることが出来ます。

1.回転性めまい

めまい
自分自身や周囲がぐるぐる回るようなめまいのこと言います、
ぐるぐる回ると感じるだけでなく、対象物が左右や上下に流れるような感覚になることもあります。
回転性めまいは脳幹(平衡感覚を保つ場所)に血流障害、炎症、内耳のむくみが起きるときに発生します。

2.動揺性めまい

頭や体がグラグラ、フワフワするようなめまいを言います。
実際に歩いてみると「ふらつき」を感じます。
この動揺性めまいも脳幹が広い範囲でなにか炎症が起きたときに起こります。
歩いてふらつきが起こる場合は小脳の障害も考えられます。

3.浮動性めまい

体がフワフワと浮いているような感じがする、船に乗っている雲の上を歩いような感じがするめまいになります。
また頭がふわーとなる感覚になる方もいます。
この浮動性めまいは、脳の異常が原因で起こるといわれています。
浮動性めまいはここからさらに4つに分けられます。

・中枢性めまい

脳の中でも小脳や脳幹に障害が起こることで発生します。
脳梗塞や脳内出血が原因となり、めまいのほかに激しい頭痛、嘔吐、手足のしびれ、脱力感を感じます。

・全身性めまい

身体全体の問題から発生するめまいになります。
特に自律神経失調症で起こるめまいはこの全身性めまいと言われていて、貧血や発熱が起こることもあります。

・薬剤性めまい

抗生物質や精神安定剤を服用している方は、その薬の副作用でめまいが発生することがあります。
そのほかにも市販薬でも感じることもあります。
めまいがひどい場合は、医師や薬剤師に相談してみましょう。

・心因性めまい

特に異常がなく明確な原因がわからない場合のめまいになります。
精神的なストレスや自律神経の乱れが原因となっていて、安定剤を飲むことで治まる方もいます。

4.立ち眩み

眼前暗黒感と言われるもので、立ち上がったときにクラクラとするのが特徴です。
脳に流れる血液の量が一時的に不足してしまうことで起こります。
自律神経が大きく関係していて、自律神経が乱れることで血圧の調整が上手くいかなくなり症状が出ます。

めまいの放置は危険!考えられる他疾患は?

めまい
頻回にめまいが起こっている方!それは体からのSOSのサインです。
ここではめまいから考えられる疾患を書いてみました。

●回転性めまい

・メニエール病

メニエール病は、内耳が原因して起こる病気で、激しいめまいが20分~30分長いときは半日ほど続きます。
めまいは毎週のように起きたり、何年かに1回と個人差が激しいです。
まためまいのほかに難聴、耳鳴り、吐き気、嘔吐、冷や汗という症状も現れます。
過労やストレスが原因で起こる病気でもあります。

・前庭神経炎

平衡感覚を脳に伝える前庭神経に障害が起こるめまいの病気です。
グルグルと回転する激しいめまいがおき、吐き気や嘔吐が発生します。
風邪をひいた後に起こりやすく、危険なめまいではありません。

・内耳炎、中耳炎

平衡感覚をつかさどる内耳に炎症がおき、耳鳴りや難聴、さらにグルグルするめまいが起こります。さらに慢性中耳炎が進行してその炎症が内耳まで到達したときにも、同じようなめまいが発生します。
顔面神経麻痺がおこることもあります。

・突発性難聴

左右どちらかの耳に起きる強い耳鳴りと、グルグルと回転するめまいが起こります。
重症な場合は突然耳が聞こえなくなります。
(最近ニュースで堂本剛さんが発症しました。)
発作は繰り返すことはほとんどないと言われています。
突発性難聴はウィルス感染や内耳の血流障害、さらに過労やストレスが原因と言われています。

・椎骨脳底動脈循環不全

脳内の血管には内頸動脈系と椎骨動脈系の2種類があります。
椎骨動脈系の血液の量が一時的に起こる病気を椎骨脳底動脈循環不全と言います。
50歳以上の中高年で、高血圧、高脂血症がある方は注意したほうがいい病気になります。
首を回したり、顔を上下に向ける、体位を変えるときにめまいが起きるのが特徴です。

●動揺性めまい

・聴神経腫瘍

聞こえの神経にできる腫瘍で悪性ではありませんが、大きくなると脳腫瘍として最悪の場合命を落とすケースもあります。
腫瘍が小さいときは、耳鳴りと難聴から始まり、大きくなるとふらついたり、顔のしびれが発生します。

・脳梗塞

脳動脈の内腔が細くなったりつまり、脳に酸素や栄養がいかなくなり神経細胞が死んでしまう病気です。
意識がなくなったり、口がもつれ、手足の麻痺が出てきます。
脳梗塞の一歩手前の少女は、手足のしびれや力が抜けるという症状が一時的に起こり、しばらくして良くなります。

・脳出血

脳の血管が破れて脳内に出血すること病気です。
症状は出血した脳の場所や血腫の大きさによって様々で時には数分で命を落とすこともあります。
早期発見・早期治療が重要な病気です。

・くも膜下出血

脳は直接脳を覆っている軟膜、頭蓋骨の内側にある硬膜、それらの間にあるくも膜と3つの膜で保護されています。
くも膜下出血はくも膜と硬膜のわずかな隙間にある脳脊髄液と細かい血管があります。
この欠陥が破裂して出血する病気をくも膜下出血と言います。

激しい頭痛、吐き気が起こるのが特徴です。
意識障害が強いほど予後が悪いと言われている病気です。

●浮動性めまい

・高血圧症

高血圧を放置すると、フワフワとした危険なめまいを起こす可能性があります。
また、血圧を下げる降圧剤が効きすぎると、激しく目の前がクラクラするめまいが起きます。
血圧は上が140mmHg、下が90mmHg以上で高血圧になります。
家族が高血圧である、肥満体質である、塩分の取り過ぎという方は注意が必要です。

・自律神経失調症

体が強いストレスを感じたり、疲れがたまると自律神経がうまく機能せず、めまいや吐き気、ふらつきといった症状が現れます。
抗うつ剤や安定剤を飲むことで落ちくことが多いですが、中には何年もこの病気と戦っている方もいます。

・更年期障害

更年期になると、体内の女性ホルモンのエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが乱れます。
ホルモンバランスが乱れるとフワフワするめまいを感じたり、耳鳴りが起こることもあります。

・貧血

鉄分不足が原因で、ヘモグロビンが減少して血中濃度が薄くなり起こります。
フワフワとするめまいが起こり、なかにはクラクラする方もいます。
まためまいのほかにも耳鳴り頭痛、立ち眩み、倦怠感を感じる方もいます。

●立ち眩み

・低血圧症

最高血圧が100mmHg未満のことをいい、脳に血液が十分に行きわたらないため、クラクラするめまいが起こります。
遺伝や自律神経の乱れが原因と言われています。

めまいが発生したら?3つの対処法

めまい
めまいはふとしたときに発生します。
ではめまいが起こったらどのような行動をとればいいのでしょうか?
しっかり確認しておきましょう。

①安静

めまいが起きたらまずは安静にすることが大切です。
無理に動くと転んだり、事故の原因になります。
立っていてめまいが発生したら座ったり、どこかにつかまり、運転しているときは路肩に止めて休みましょう。
家にいるときはゆっくり横になりましょう。

②刺激をシャットアウト

家の中でめまいが起きたら、電気を消し、部屋の中は暗くしてみてください。
音楽やテレビ、携帯電話の使用は控えましょう。
目や耳から入ってくる刺激をシャットアウトすることがとても大切です。
部屋の中がなかなか暗くならないという場合は、アイマスクを使用するのもおすすめです。

③病院の受診を

めまいは1回や2回安静にしていれば回復するならそれほど心配いりません。
ですが、頻繁にめまいがおこったり、手のしびれや、嘔吐といったほかの症状がある場合は一度病院を受診しましょう。
重大な病気が隠れている可能性があります。

めまい対策をしよう!

めまい対策
めまいは日ごろの生活習慣から予防することが出来ます。
今から3つの予防法を書いておくので、ぜひ実践してみてください。

①規則正しい生活

夜更かしなど乱れた生活は自律神経の乱れを引き起こします。
さらにバランスのとれた食事を1日3食摂取することも大切です。
タバコを吸っている方はなるべく吸わないようにしてみましょう。
また、アルコールを飲みすぎると平衡感覚が低下するので、適量をゆっくり水分をはさみながら飲むことが大切です。

②ストレスを解消する

ストレスは身体的なものと精神的なものがあるので、疲れているな、もやもやするなと感じたら、早めに休息をとったり、自分の好きなことをして発散しましょう。
友達とランチに行ったり旅行に行くのもいいでしょう。
とにかくストレスを体に蓄積させないことが大切です。

③適度な運動

適度な運動はストレス解消になり、血流を改善します。
1駅分歩くのもいいでしょう、20分の軽い散歩でもリフレッシュになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?