病気・未病

二日酔いの解消・予防法は?正しい知識で二日酔い対策!

お酒を飲んだ次の日・・朝起きて頭痛・吐き気・・・二日酔いはつらいですよね。

昨日の記憶も曖昧な上に、二日酔いのせいで一日を無駄にしてしまう人もいるのではないでしょうか。

今回は二日酔いが発生するメカニズムや、正しい解消法・予防法をお伝えします。

二日酔いとは?

二日酔いの男性
アルコールを摂取しすぎてしまい翌日の朝に起こる「身体的不調」を言います。

二日酔いが起こると
・頭痛
・吐き気
・胸のむかつき
・下痢
・食欲不振
・脱水症状
・身体の震え
・胃炎
・のどの渇き

このような身体的不調が起こり不快感を感じます。

二日酔いの原因

お酒で乾杯

①アセトアルデヒドが原因

アセトアルデヒドとは、アルコールが肝臓で分解されてできる中間代謝物質のことを言います。

このアセトアルデヒドが、二日酔いの原因物質です。アルコールを代謝する酵素には個人差があるため二日酔いの症状にも個人差が生じています。

アルコールを大量に摂取すると肝臓でアセトアルデヒドが十分に処理されず、体内に長くとどまってしまうので、体の不快な症状が長く続くこととなります。そして、翌朝まで引きずってしまうと「二日酔い」となります。

②脱水症状

アルコールを分解するために、体内の水分が大量に消費されることが分かっています。

アルコールの量が多いと体内の水分がアルコールの分解に使われてしまいます。

さらにアルコールには利尿作用もあるので、体内の水分が尿として排出されてしまいます。

体内の水分不足は脱水症状を引き起こし、吐き気や頭痛といった身体的不調を引き起こす原因になります。

③低血糖症

肝臓は体内で糖が足りない時に肝臓に蓄えていたグリコーゲンを糖として利用できるように分解する働きと、アルコールを分解する働きがあります。

しかし、アルコールを大量に摂取すると、アルコールを分解ばかりに肝臓が働きます。

このとき、糖分が足りなくなり体は低血糖状態となってしまうことがあります。

低血糖になると頭痛や吐き気、倦怠感といった不調が起こります。

④胃酸を分泌する

アルコールには、胃酸を分泌させる働きがあります。

胃酸が大量に分泌されると、胃炎や吐き気、腹痛、下痢といった症状がおこります。

さらに逆流性食道炎の原因にもつながることもあります。

二日酔いになってしまったら?対処法とは?

二日酔いになってしまったら
二日酔いにならないぞと飲みすぎないように心がけていても、断ることができなかったり盛り上がったりすると、ついつい飲みすぎてしまうことも・・・

ここでは二日酔いになった時の解消法をお伝えします。

解消法1:水分補給をしっかり行う

二日酔いを感じている時には、アルコールの摂取による脱水症状を起こしていることが多いです。

そこで、ミネラルウォーターやスポーツドリンクを積極的に飲むことで、アルコール分解が早くなるのと、尿が増えるので、アルコールを体外へ排出することが出来ます。

このとき胃腸に負担がかかるので、常温で体内に取り入れることが大切です。

解消法2:しじみを摂取

アルコール分解といったら「しじみ」を思い浮かべる方も多いと思います。

しじみといえば、味噌汁ですよね。

しじみには、オルニチンという成分が含まれていて、解毒効果に優れていて、肝臓保護効果があります、

さらに、アルコールの代謝を促進する成分も含まれています。

そして味噌には、コリン・ミネラル類・たんぱく質・塩分が入っていて、肝臓を働きを助けてくれます。

ここでおすすめなのが、しじみの味噌汁にはぜひ「豆腐」を入れてみてください!

豆腐には、カルシウムやマグネシウムのミネラル類が含まれていて、アルコールの摂取で失われるミネラルを補うことができ、二日酔いの解消にも効果があります。

しじみの味噌汁はぜひ、しじみの身もしっかり食べることをおすすめします。

解消法3:ぬるま湯のお風呂に浸かる

二日酔いのときは、体内の血液がドロドロになっていて、それをサラサラにすることでアルコールを飛ばすことができます。

そこで水分をしっかり摂取しながらぬるま湯のお風呂にじっくり浸かることがとても効果的です。

熱いお風呂は急激に血行を促進するので、のぼせたり、めまいの原因となるので控えましょう。

解消法4:カフェインを摂取する

二日酔いで頭痛がひどいというときは、血管が拡張していることが原因なので、血管収縮効果のあるカフェインを摂取することで改善することがあります。

暖かいコーヒーやお茶をゆっくり飲みましょう。

さらに、首筋に冷たいタオルを充てるのも血管収縮に効果があり、頭痛の緩和に役立ちます。

解消法5:フルーツ・トマトを食べる

体内でアルコールを分解すると、水分だけではなく栄養素も消費されます。

ビタミンC、ビタミンB、クエン酸には肝臓の働きを助ける効果があります。

特にフルーツの中でもレモン、リンゴ、グレープフルーツはおすすめです!

さらにトマトのリコピンもオススメです。リコピンにはアセトアルデヒドの作用を抑える働きがあります。

トマトジュースを飲んだり、トマトを食べてみましょう。

解消法6:ウコンを飲む

二日酔い=ウコンは誰もが知っていると思いますが、ウコンには「クルクミン」が含まれています。

クルクミンには、アセトアルデヒドを分解する効果があると言われているので飲酒後には飲んでみましょう。

解消法7:ツボ押し

・期門

期門のツボ
出典:
http://www.tsubomaster.com/%E6%9C%9F%E9%96%80_%E3%81%A4%E3%81%BC
つらい二日酔いの解消に効果があり、飲む前に刺激すれば二日酔いの予防にもなるツボです。

両乳首の真下、肋骨が交わるところにあるツボです。
とくに二日酔いに効果があるのは、右の期門で、ここの両手の人差し指、中指、薬指、小指の4本の指を重ねてあて、状態をおこして刺激してください。

・健理三針区

健理三針区のツボ
出典:http://xn--n8j742gujck9ndomt8jrm8d.net/%E4%BA%8C%E6%97%A5%E9%85%94%E3%81%84%E9%A0%AD%E7%97%9B%E3%83%84%E3%83%9C.html
アルコールの分解を促進するツボです。どこでも押せるので、覚えていて損はありません。

手のひらの中央にあり少し手首よりのところにあります。
親指で強くもむように刺激します。
両方の手のツボを押してくださいね。

・太衝

太衝のツボ
出典:http://blog.livedoor.jp/totalbodynagomi-1106/archives/37900551.html
肝機能の状態をよくするツボになります。

足の親指と人差し指の骨が交わっている、少し盛り上がっている場所になります。
ここを親指で押していきます。

これは間違い!二日酔いのときにやっていけない4つの行動

二日酔い
実はよく知られている解消法でも、間違っているものがたくさんあります。

1.寝る

アルコールを大量に摂取したら二日酔いにならないために飲酒直後に寝ているという方がいます。

人が睡眠をとっているとき、アルコールの分解速度は半減してしまうといわれています。

さらに、私たちに実感はなくても、就寝中は体内の水分が奪われているのです。

アルコールで眠気もでることは多いのですが、寝る前にしっかり水分を摂取し、しばらく間をおいてから就寝するのが理想的です。

2.たくさん食べる

アルコールを飲む前に食べ物を入れることで、二日酔いを防ぐことができますが、食べすぎはかえって胃の負担となり胃もたれや吐き気を引き起こすことがあります。

3.大量の汗をかく

大量の汗をかくことで、アルコールを外に排出して二日酔いが治るなんてことも言われています。

しかし、大量に汗をかくということは、体内の水分が奪われてしまうので、さらに脱水症状が悪化する原因になります。

そのため、さらに体に様々な不調が起こってしまうパターンもあります。

4.無理矢理吐く

二日酔いの不快感を解消するために指を入れて吐く方もいますが、これもNGです。

もちろん吐き気があり、吐きたくなって嘔吐するのは自然の流れなので仕方がないことです。

しかし吐きたくもないのに無理矢理吐くという行為は、体にとって大きな負担になります、

さらに、体力の消耗にも繋がるで、余計に二日酔いの症状を悪化させます。

二日酔いにならない!3つの予防法とは?

二日酔いの予防法

①飲む前に食べものを入れる

空腹の状態でお酒を飲むと、アルコールが素早く吸収され、肝臓での分解が追い付かず二日酔いになる可能性が高くなります、

そのため、飲む前に食べ物を摂取しておくと、アルコールの吸収が緩やかになります。

また、品質の良い焼酎やウォッカはメタノールが含有されることが少ないため、二日酔いにはなりくいです。

②水分を摂取する

過剰のアルコールの摂取は脱水症状になりやすいため、こまめに水分をとることは効果的です。

③適量をゆっくりのむ

体内で1時間でアルコールを分解できる量は決まっているので、ゆっくり飲むことが大切です。

せっかくの親睦を深められる会に、記憶が曖昧で自分の発言まで適当になってしまっては時間がもったいないですよね。

二日酔いの予防&改善には漢方が効果あり?

二日酔いの予防
実は二日酔いの予防や症状改善に漢方が効果があるって知っていましたか?

二日酔いで多くの人が感じやすい胃の不調や頭痛などの症状には、漢方薬やサプリメントが得意分野です。

自分にあったものを常備しておくといざという時に心強い味方になってくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

漢方薬剤師/薬膳料理家/国際中医師/国際中医美容師

大久保 愛

「アイカ製薬」代表取締役。
秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもつ。薬剤師となり中国の北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て漢方・薬膳の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?