病気・未病

逆流性食道炎かも!?胃酸の逆流を感じたら市販薬で即対応すべし

食後にげっぷが良く出たり、胃酸が逆流して口の中に酸っぱさが広がって不快な思いをしてはいませんか?

それはもしかしたら「逆流性食道炎」かもしれません。

胃の中にある胃液が何らかの形で食道に逆流し、炎症を起こす病気です。

食道が炎症を起こすだけでなく不快な症状が多発しやすくなります。逆流性食道炎予備軍は実はかなり多いです。胃から食道まで何か不調を感じる人は注意してみましょう。

今回は胃酸の逆流など消化器系の不調を市販薬で防ぐ方法をご紹介します。

逆流性食道炎って何?

逆流性食道炎
逆流性食道炎は、最近では若い人たちにも広がり一般的な病気となってきました。

人の体は口から食べ物を飲み込み、食道を通って胃へと入り胃酸によってドロドロに溶かされて腸へ運ばれる仕組みとなっています。

胃酸は食べ物をドロドロに溶かすほど強い酸性で、胃はその酸性から身を守るために粘膜によってコーティングされています。

逆流性食道炎はこの胃酸が食道へ逆流することで食道がただれて炎症を起こす病気です。

普通は胃酸が逆流しないように下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)という筋肉がぎゅっと閉まっています。

それなのになぜ胃酸は逆流してしまうのでしょう?

次は逆流性食道炎が起こるメカニズムを見ていきましょう。

逆流性食道炎が起こるメカニズム

逆流性食道炎が起こるメカニズムは下部食道括約筋が深く関係しています。

下部食道括約筋は食べ物が体内へ送られるときに食べ物を包み込むようにぜん動運動を行って胃へ運ばれます。

普段から閉じていて食べ物が送られるときにのみ少し開くだけという食道ですが、逆流性食道炎が起こるのはこの下部食道括約筋が緩んでしまったり、胃液の量が増えすぎて逆流してしまうことで起こります。

食道のぜん動運動の機能が正しく機能していれば逆流しても唾液を飲み込むことで胃酸を胃へ戻すことが出来ますが、逆流性食道炎を起こしている人はぜん動運動が正しく行えないため胃酸が食道に長くとどまって食道を痛めてしまうのです。

逆流性食道炎が起こる原因

食事

実は普段の食生活にも逆流性食道炎の原因が隠されています。

知らないうちに逆流性食道炎になっていたということもあり得ます。

それほど逆流性食道炎は私たちに身近な存在なのです。

次は逆流性食道炎が起こる原因を詳しく見ていきましょう。

脂っこい料理の食べ過ぎ

脂っこい食事は美味しいですが、肥満になるだけでなく生活習慣病の原因にもなりますよね。

実は脂っこい食事は逆流性食道炎の原因にもなるのです。

脂肪分を多く摂取すると十二指腸からコレシストキニンというホルモンが分泌されます。

このホルモンが働くことで下部食道括約筋が緩むと言われています。

加齢による筋力低下

年齢を重ねると誰しも筋力が低下してしまうものです。

それと同じように食道も加齢によって弱ってしまいます。

普段は閉じている食道と胃の境目も筋力が弱まることで開いてしまい、胃酸が逆流してしまうのです。

歳を重ねると引き起こしやすい病気でもあるので意識的に対策を取っていくと良いですね。

妊娠している

意外にも、逆流性食道炎になりやすいのです。

お腹の中の赤ちゃんは成長を続け、妊婦の体内を圧迫してしまいます。

その時に普段はあまり圧迫されない胃が圧迫され、胃酸が逆流しやすくなります。

妊娠の中期から出産直前までげっぷをする胃酸が逆流していると感じる人もいます。

肥満体系の人

肥満体系の人は特に逆流性食道炎になりやすいと言われています。

なぜ肥満体系の人が逆流性食道炎になりやすいのか、それは普段から脂っこい食事をとり続けているだけでなく腹圧が高まることで胃酸が逆流しやすくなるためです。

妊婦さんが赤ちゃんにお腹を圧迫されるのと同じように太っている人も皮下脂肪・内臓脂肪によって胃を圧迫されます。

そして普段から脂っこい食事を取って緩くなった食道に胃酸が逆流するのです。

さらに太っている人は普段から食べる量が多く、分泌される胃酸の量も多い傾向にあります。

胃酸の逆流は病院に行かずに対策できる!!

ドラッグストア
胃酸の逆流に疑いがある人や心当たりのある人は病院へ行って治療しないと治らないの?
と不安になりますよね。

しかし胃酸の逆流は身近な薬局やドラッグストアでも対策が出来るのです!

どうして薬局やドラッグストアでも胃酸の逆流の対策がとれるのか詳しく説明していきます。

胃酸を中和する商品がある

胃酸はその文字通り強い酸性で、食べ物をドロドロに溶かすほどです。

胃は酸に強い粘膜で覆う事で酸から守られていますが、食道はそういった粘膜の働きが弱いです。

胃の強い酸性を中和させる商品があります。

胃酸の分泌を抑える商品がある

意外かもしれませんが、胃酸の分泌を抑える商品があります。

胃酸はストレスを感じたときや食べ過ぎてしまったときに多く分泌されますが、そういった場合に胃酸を抑えるために市販薬にも胃酸の分泌を抑える働きがあるのです。

胃酸が多く分泌されてしまって起こってしまう逆流性食道炎に効果を発揮してくれます。

粘膜を保護してくれる商品がある

胃酸が過剰に分泌されると胃を守っている粘膜に異常をきたし胃痛の原因となります。

胃痛が起こると胃が収縮し、胃酸が逆流しやすい条件となってしまいます。

そういった悪循環が起こらないように胃の粘膜を保護することが大切ですが、胃の粘膜を保護する商品は非常に多く存在します。

気になる胃酸の逆流におすすめな商品5選

数ある商品の中から効果的なものを選ぶのは難しいですよね。

胃痛に悩む人は多く、薬局やドラッグストアに足を運んでも種類が多いので知識のない人がみてもどれが良いのか判断出来ないことが多いです。

そこで今回は胃酸の逆流に効果がある商品を5つ厳選しました。

参考にしてみてください。

イツラック

イツラック


商品名 イツラック
メーカー 株式会社漢方生薬研究所
値段 2,980円(税込)
内容量 1箱90カプセル
主成分 ケイヒ、ウイキョウ、チョウジ、I-メントール、中鎖脂肪酸トリグリセリドなど

漢方薬にも使われている生薬を中心に作られた食べ過ぎや飲みすぎによる胃の不快感や吐き気などに効果的な指定医薬部外品です。

胃がもたれたり暴飲暴食をしてしまっても、お得な一ヶ月分の大容量サイズなので気兼ねなく使うことができます。

イツラックの詳細を見る

スクラートG

スクラート

出典 : http://sucrate.lion.co.jp/product/g.htm

商品名 スクラートG
メーカー ライオン株式会社
ブランド名 スクラート
値段 1,026(税込)
内容量 6包
主成分 スクラルファート水和物、メタケイ酸、アルミン酸マグネシウム、コウボク流エキスなど
公式サイト http://sucrate.lion.co.jp/product/g.htm

数多くの有効成分を配合している市販薬のスクラートGです。

スクラルファートという成分があれた患部を保護するだけでなく修復も行ってくれます。

胃酸を中和する制酸剤も配合し、強い酸性で満たされている胃の中を中和して痛みを和らげてくれます。使いやすい飲みきり2日分です。

さらにコウボクとソウジュツという生薬も配合することで胃の働きを高めて胃酸の排出を助けています。

食間、食前、寝る前に服用できるのでいざという時には使いやすいです。

ガストール

ガストール

出典 : https://www.ssp.co.jp/gastol/

商品名 ガストール
メーカー エスエス製薬
ブランド名 ガストール
値段 税込1,026円
内容量 10包
主成分 ピレンゼピン塩酸塩水和物、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、炭酸水素ナトリウム、ビオヂアスターゼ2000など
公式サイト https://www.ssp.co.jp/gastol/gastol/product/

出すぎてしまった胃酸を素早く中和してくれるのがこのガストールです。

飲みやすい細粒タイプなのでつい食べ過ぎてしまったという食後でも飲むのが苦になりません。

胃酸の分泌を抑える成分も配合されているので食後に逆流しやすい胃酸も抑えることが出来ます。

使いやすい10回分です。

一日に3回までで毎食後に服用できるのは嬉しいポイントです。

サクロン

サクロン

出典 : http://www.i-no-science.com/campaign/saclon/index.html

商品名 サクロン
メーカー エーザイ
値段 1,058円(税込)
内容量 10包
主成分 銅クロロフィリンカリウム、無水リン酸水素カルシウム、沈降炭酸カルシウム、水酸化マグネシウムなど
公式サイト http://www.i-no-science.com/campaign/saclon/index.html

胸やけ、飲みすぎ、胃痛、胃酸過多、胃もたれなどを改善してくれます。胃の粘膜の保護のために葉緑素が含まれているのが特徴です。
1日3回まで飲むことができ約2日分になっています。

メントールや香料も添加しているのですっきりと飲みやすい薬です。

キャベジンコーワα

キャベジン

出典 : http://hc.kowa.co.jp/otc/7469

商品名 キャベジンコーワα
メーカー コーワ
ブランド名 キャベジン
値段 600円(税抜)
内容量 18錠
主成分 メチルメチオニンスルホニウムクロリド、炭酸水素ナトリウム、炭酸マグネシウム 沈降炭酸カルシウム、ロートエキス3倍散など
公式サイト http://hc.kowa.co.jp/otc/7469

脂っこい食事が大好きという人におすすめなのがキャベジンです。

脂肪の分解を助けてくれるリパーゼAP12を配合し、胃に負担がかかりやすい脂肪の分解をサポートしてくれます。

さらに出すぎた胃酸を中和させ、荒れて弱ってしまった胃の修復も行ってくれるのです。

胃の活動を元気にするソヨウという生薬も配合されているので胃酸が逆流する心配もありません。

ギャクリア

ギャクリア

出典 : https://www.kobayashi.co.jp/seihin/gya/index.html

商品名 ギャクリア
メーカー 小林製薬
ブランド名 ギャクリア
値段 税込 1,728円
内容量 10包
主成分 六君子湯エキス、ステアリン酸Mg、ケイ酸Alなど
公式サイト https://www.kobayashi.co.jp/brand/gyakuria/index.html

胃痛、消化不良、嘔吐など胃の不調に使われる漢方薬です。1日2回服用するタイプで5日分です。

食べ過ぎというより、胃腸が弱かったり、疲れやすいタイプの人に向いています。

食生活から逆流性食道炎を治す!

食事風景
薬ばかりに頼っていては出費が積み重なって自分の負担になってしまいますよね。

一度に大量購入すれば少しは安くなりますが、いつまでも続けられません。

そこで逆流性食道炎を治すための努力が必要となりますが、一番簡単なのは食生活を改善することです。

しかし今まで脂っこい食事や外食を中心に生活してきてどうやって改善すればいいのかわからないという人もいらっしゃいます。

簡単に出来る生活習慣の改善方法をご紹介します。

野菜を中心の食生活にする

一番簡単なことは野菜を中心とした食生活にすることです。

自分で野菜を買ってきて切るだけでなので料理をする手間も時間もあまり必要ありません。

生野菜が苦手という人は濡らしたキッチンペーパーに包んでレンジでチンするだけで温野菜が作れます。

オリーブオイルを使う

オリーブオイルは油ですが腸内環境を整えてくれる働きがあります。

サラダを作ってオリーブオイルをかけて食べるだけでも良いので毎日実践しましょう。

オリーブオイルを選ぶ際は「エクストラバージンオイル」がオススメです。

これは非加熱で搾りたてのオリーブオイルなので香り豊かで風味が損なわれておらず成分も破壊されていないためです。

食後すぐに横にならない

横になると重力の関係で胃酸がより逆流しやすくなります。

食べた後はイスやソファに座って胃酸が逆流しにくいような体制を取りましょう。

アルコールと脂っこい食事は控える

アルコールは胃の中を荒らすため頻繁にお酒を飲むことはあまりお勧めできません。

さらにお酒を飲むと脂っこい料理が食べたくなってしまいますよね。

これは胃にとっては最悪のことで、ダメージが蓄積されてしまいます。

お酒と脂っこい食事は控えるようにしましょう。

逆流性食道炎を悪化させてしまう飲食

食材の買い出し
食生活を改善するうえで逆流性食道炎を引き起こす飲食物をしっかりと把握することは大切です。

逆流性食道炎を悪化させてしまう飲食物をご紹介します。

高脂肪・高タンパク質

高脂肪・高タンパク質の食事は胃酸の分泌量を増やしてしまうため逆流性食道炎になりやすくなってしまいます。

さらに脂肪の多い食事を続けると下部食道括約筋が弱まり、胃酸が逆流しやすくなります。

脂身の多いお肉や揚げ物などはなるべく避けるようにしましょう。

アルコール

アルコールは刺激物なので胃に入ると胃の粘膜を攻撃してしまいます。
お酒を飲みすぎて胃が痛いなんて話はよくありますよね。

アルコールを摂取すると胃酸の分泌も促してしまうため、悪循環に陥ってしまいます。

過度な摂取は控えて程々にしましょう。

香辛料

最近は辛くて美味しいという料理が沢山ありますが、刺激物の香辛料は注意が必要です。

スパイスが持っている独特の食欲中枢が胃酸の分泌を促進させるため、食事の量以上に胃酸が分泌されてしまいます。

辛いものを食べた後は胃酸を中和する薬を摂取するなど工夫が必要になります。

カフェインが含まれる飲み物

さらに胃酸を分泌するので逆流性食道炎のリスクを高めてしまうのです。

コーヒーだけでなくお茶にもカフェインは含まれていますのでご注意ください。

低カフェインの飲料は飲みすぎなければ胃へ負担がかかりにくいので代用品を探してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

漢方薬剤師/薬膳料理家/国際中医師/国際中医美容師

大久保 愛

「アイカ製薬」代表取締役。
秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもつ。薬剤師となり中国の北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て漢方・薬膳の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?