病気・未病

冷え性の原因と予防法とは?他疾患との関連性

冷え性は、今や男女の区別なく起こってしまう困った症状です。そんな冷え性とは、具体的にどういったものをいうのでしょうか?

正しい知識を身に着け、冷え性を事前に予防しましょう。

冷え性で起こる症状

冷え性
冷え性は夏や春といったそれほど冷えを感じない季節でも、末端を中心に体が寒く感じる症状をいいます。体温が低いことで起こる、低体温とはまた違った症状です。

体全体を温めたからといって必ずしも症状が緩和しないのが大きな特徴です。

長い間、女性特有の症状という認識がされていましたが、近年男性の間でも増え女性だけに起こるとは限らない症状になってきています。

体の冷えが、自律神経失調症やホルモンバランスの乱れを引き起こす要因となることもあります。

冷え性の原因とは?

冷え性
冷え性の原因にはさまざまあり、複数の要因が重なっていることがあります。

自律神経の乱れによる体温調節の不調

体温調節を適切に行うためには、自律神経の働きが必要不可欠です。この自律神経が何らかの理由で正常に働かなくなると、体温調節が適切に働かなくなり冷え性を引き起こします。

締め付けによる血行不良

締め付け感のある衣服や下着をつけていると、血行が阻害され冷え性の発端となります。できるだけサイズに余裕のあるもの選ぶようにしましょう。

血液循環がうまくいっていない

血液循環がうまくいっていないと、体温調節に異常をきたすことがあります。体調不良だけではなく他疾患が原因となっていることがあるので、安易に放置することはオススメできません。

筋肉が衰えている

筋肉はそれだけで高い熱量を生み出します。筋肉が落ちてしまう原因はさまざまありますが、多くが運動不足・栄養不足です。筋肉量を保つためには運動と栄養のバランスを整えましょう。

特に女性は男性に比べて筋肉量が少なくつきにくい性質を持っているので、意識的に対策を行う必要が出てきます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると血行の悪化を招くことがあります。ホルモンバランスの乱れは男女、年齢問わずに起こることなので、心身のバランスに気を付けるようにしましょう。

冷え性の予防法

冷え性の予防法
悪化する前に対策をとりましょう。

ストレッチを取り入れて血行を促す

冷え性の人は体の血行不良を起こしていることが多いです。気軽に取り入れることができるストレッチがオススメです。

【手先の冷えを予防するストレッチ】

1. 床に座った状態で指先を自分側に向けながら、床に手を落とし体重をかけてい

2. 意識的に腕を伸ばしながら、無理がない範囲で3分程度続ける

【足先の冷えを予防するストレッチ】

1. 床に座り足を前方に伸ばす

2. そのままの状態で指同士を離し、余裕があるようなら指じゃんけんをする

こういった簡単なストレッチを繰り返すことで、体をほぐし血行の乱れを予防することができます。

体を温める食品を摂取するようにする

普段から体を温める食品を取ることで、冷え性を予防していきましょう。冷え性を予防する食品とは羊肉、鶏肉、鹿肉といった肉類、しょうが、にんにく、ねぎ、かぶ、かぼちゃといった野菜類が挙げられます。

アルコールや香辛料も体を温め一時的に体温を上げてくれますが、一時的なものなのでこれだけでは冷え性を予防することはできません。

肉類・野菜類をバランスよく取り入れた食事をこころがけましょう。煮物や鍋物といった、さまざまな食材を一度に摂れるメニューが簡単でオススメです。

生活習慣を整え自律神経のバランスを保つ

普段から生活習慣を整えることで、自律神経のバランスを保つことができます。極端に就寝を遅らせる・昼夜逆転生活・過度な食事制限といった、心身のバランスを乱す行為は極力ひかえるようにしましょう。

特に睡眠に障害が出ると交感神経と副交感神経のバランスが乱れやすくなります。

冷え性の対処法とは?

冷え性

冷え性に効果的な漢方薬の使用

冷え性に効果的な漢方薬を利用することで、困った冷えに働きがけることができます。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

貧血を防ぎつつ体を温め血行促進していく漢方です。妊娠中の女性の体調を安定させる役割も担います。女性の場合は月経痛や月経不順にも効果的で、PMSの女性にも使いやすいです。

・ 温経湯(うんけいとう)

足腰の冷えや産後の体調回復に役立ちます。強壮に優れているので、冷え性の原因となる血流の停滞にも効果的です。皮膚の乾燥対策にも使用できるので、かさかさ肌にお悩みの人も使用していきたい漢方です。

・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

手足や下肢といった下半身を中心とした冷えに効果的です。頭痛や腰痛といった日常的な痛みの解消にも役立ちます。特に冷え性にありがちな症状に働きがけるので、すぐに効果を感じたい人に向いています。

他疾患が原因で冷え性が起こることがある

冷え性
冷え性はそれ単体ではなく、何らかの病気が原因となっていることもあります。

糖尿病

糖尿病を発症すると、血液障害を起こし冷え性を引き起こすことがあります。

水分が異様に欲しくなる・疲れやすい・頻繁に排尿したくなる・特に何もしていないのに体重が急激に落ちるといった症状があるのも特徴の一つです。

甲状腺機能低下症

甲状腺は甲状腺ホルモンという、細胞を元気に保つホルモンを出しています。しかし甲状腺機能低下症を発症してしまうと、この甲状腺ホルモンがうまく分泌されず体にあらゆる支障を来たします。

その中の一つが冷え性です。冷えだけではなく体のだるさや疲れやすさを感じたら、甲状腺機能低下症の可能性も考えられます。

ASO(閉塞性動脈硬化症)

ASO(閉塞性動脈硬化症)とは手足の動脈硬化によって、血管が狭くなったり詰まったりしてしまう症状のことをいいます。

血流が悪くなり手足に栄養や酸素が行き届かなくなるため、冷え性といった形で症状が現れることが珍しくありません。

このように冷え性は、単なる冷えと片付けられないケースがあります。特に異常なだるさや疲れを感じたら、医師に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

漢方薬剤師/薬膳料理家/国際中医師/国際中医美容師

大久保 愛

「アイカ製薬」代表取締役。
秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもつ。薬剤師となり中国の北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て漢方・薬膳の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?