病気・未病

便秘になってしまうのはなぜ?原因と対処法を知っていこう

便秘は主に女性に多い症状といわれてきましたが、近年になって男性の間でも起こるようになりました。その便秘の原因には実は隠れた存在があり、放置しておくと後々大きなリスクとなって現れることがあります。

便秘の症状とは

便秘
便秘は定義づけがとても難しい症状です。人によって食べる量や便がたまっていくサイクルも違ってくるため、人それぞれに便秘の状態が違ってくるのです。

一般的に見て3日以上排便がない、排便の頻度が週2回以下といった状態なら、便秘といってもいいでしょう。この基準に入らなくても便通が滞り、不快感があるようなら便秘と考えても大丈夫です。

単純に便がたまっている状態だけではなく、便をする際に痛みを感じる・残便感がある状態も便秘と考えてください。

便秘が起こってしまう原因とは

便秘が起こってしまう原因にはさまざまあり、これだけが要因といったことはほとんどありません。複数のことが重なり合い、便秘という症状を生み出します。

機能性便秘

大腸がうまく働かず機能が阻害されると、ぜん動運動うまく行われず大便がいつまでも腸内に居座り続けます。その結果、大便の水分が失われかたい便となり排便が難しくなってしまうのです。

肌荒れ、おなかが張るといった肉体に対しての症状だけではなく、もやもや感やイライラといった精神に対するリスクも伴います。

けいれん性便秘

副交感神経の影響で腸管がうまく働かなくなり、便がうまく運ばれなくなる症状です。コロコロとした便が排出され、腹痛や下痢といった症状も見られます。

直腸性便秘

便を押し出す排便反射が起こらず、直腸部分に便が停滞してしまう症状です。無理に押し出そうとすると痔になってしまう可能性もあり、リスクの高い症状といえるでしょう。

便秘の予防法

便器
便秘は誰でもできる日常の行動で、予防することができます。

食生活の改善

食物繊維を含んだ食品をバランスよく取り、水分も十分に補てんするようにしましょう。特に乾物・いも類・果物には食物繊維が豊富な食品がたくさんあります。

・ 水様性食物繊維

水に溶けやすくジェル状になる食物繊維です。摂取することで腸内発酵を促し善玉菌の活動を活発にするので、腸内環境をよくするのに効果的です。

血糖値の上昇を抑えてくれるので、便秘だけではなく総合的な健康に働きがけ助けてくれます。主にこんにゃく、らっきょう、じゃがいも、わかめといった食品に含まれているので、積極的に取っていくといいでしょう。

・ 不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は消化されず大腸まで到達するので、便のかさましを行うことができます。便に用量がないと腸が刺激されず便秘の要因となるので、できるだけ摂取するようにしてください。

不溶性食物繊維はこんにゃく、しいたけ、まいたけ、ひよこ豆といった、食品に多く含まれます。

特に腹筋周りの運動

特に腹筋周りの筋肉が落ちると排便の際に力を入れることができず、うまく便を体外に出すことができません。特に腹筋周りの筋肉を鍛え、便が出やすい体にしていきましょう。

しかし腹筋を何回も繰り返すことは、辛いイメージも強いので行動に移すまで時間がかかると思います。

腰を回すといった軽度な動きを心がけ、規則的に運動を行ってみましょう。

時間があるときは30分程度のウォーキングを行うようにすると、全身の運動不足解消にもつながります。

無理のない範囲で取り入れてみましょう。

トイレに行く時間をある程度決めておく

トイレに行く時間をある程度決めておくと、体が自然とその習慣を覚え排便がしやすくなります。

また、便意を我慢することも排便反射が起きづらくなり便秘の原因となることがあるので気をつけましょう。

ストレスをためすぎない

ストレスをためすぎると自律神経が乱れ、胃腸の働きも乱れてしまいます。
その結果、腸内環境に影響し排便がしづらくなります。ストレスをためすぎないようにほどよく休憩しましょう。

ストレスをためないことはとても難しいと思いますが、ストレスが発散できる行動パターンをいくつかもっておくことは大事なことです。

例えば単純作業を繰り返すものです。
ジグソーパズルなどは、家の中でも手軽にでき無心で単純作業を繰り返すことが出るうえ、達成感を感じることもできるのでオススメです。

ピース数も500から10,000ピースまで多種多様です。自分の状況に合わせて選ぶことができるので、とても便利なアイテムとなります。

便秘の対処法

便秘予防
いざ便秘になってしまうと予防法だけでは、解消されないことがあります。より実践的な対処を行っていきましょう。

市販の便秘薬を使う

市販の便秘薬には腸のぜん動運動を促す、便をやわらかくするといった種類があります。一言に便秘とはいってもその症状はさまざまなので、どのタイプを選ぶか大変なこともあるでしょう。

その場合は薬剤師に相談したり、少量試してみて自分に合うものを確認してください。あまりに便秘薬に頼りすぎて、それが当たり前になってしまうと腸の働きが低下してしまうこともあります。

便秘になった後も予防法を続ける

便秘の原因は必ずどこかに存在します。便秘薬で一度便秘を改善したとしても原因を解決するような予防法を一緒に行っていないと慢性的な便秘になってしまうこともあります。腸内環境は様々な健康状態に影響するので腸に良い行動を日頃から意識していることはとても大切です。

病院を受診する

病院では薬物のよる治療と生活に対する指導が行われます。薬物治療では医師の指導によって下剤が処方され、作用自体は市販のものとそれほど変わらないことが多いです。

しかし便秘のタイプが的確に診断された後に処方されるので、より効率的な効果が期待できるでしょう。生活指導では、日常でできる便秘への対処法を教えてもらうことができます。

薬物治療を行いながら生活習慣を変えていくことができるので、完治した後の便秘予防にも役立ちます。病院によっては便秘の治療を専門的に行っているところもあるため、事前に聞いておくと良いと思います。

便秘によって起こる他疾患

便秘の状態を放置しておくと、他疾患の原因となる可能性があります。まれなケースですが発症すれば健康を大きく阻害するので、こういった可能性があることを知っておくと安心です。

腸閉塞

排便が行われないことで、小腸や大腸に便やガスが詰まってしまう症状です。吐き気・嘔吐・膨満感といった症状を起こし、ときには命にかかわってきます。

この状態になると便から水分が抜けているため、排便が大変難しく自分の力だけでは解決が困難となります。医師に相談し、早期解決をしていきましょう。

大腸がん

便が腸内にたまったことにより有害ガスが発生し、大腸がんのきっかけとなることがあります。たまった便から発生したガスは小腸や大腸に吸収されるため、腸内環境を著しく悪くしてしまうのです。

長年に渡り便秘に悩んでいる人は、より大腸がんのリスクが高まります。便秘になったら、なるべく早めの対策が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

漢方薬剤師/薬膳料理家/国際中医師/国際中医美容師

大久保 愛

「アイカ製薬」代表取締役。
秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもつ。薬剤師となり中国の北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て漢方・薬膳の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?