病気・未病

食欲不振の原因とその予防法とは?対処法も知っていこう

食欲がでないと体力も気力もどんどん減退していきますよね。また、食事は体の材料になるだけではなくコミュニケーションツールの一つでもあるので楽しい時間と感じていたいですね。

今回は、食欲不振の原因と対策について紹介していきます。

食欲不振によって起こる主な症状

食欲不振

無理に食べようとすると拒絶感から吐き気を催すケースもあり、単純に食欲がないと片付けられないことがあります。

食欲不振の原因

食欲不振の原因は体の問題から精神の問題まで、いくつも存在します。

心身のストレス

環境の変化・人間関係の問題・仕事がうまくいかないといった悩みが原因で、食欲ややる気が減退することがあります。

生活習慣の乱れ

食欲不振・睡眠障害・運動能力の低下をもたらすことがあります。

自律神経失調症やホルモンバランスの乱れの原因となることもあるため、規則正しい生活を心がけましょう。

加齢による体質の変化

意欲の低下や、食欲不振をおこすことがあります。

過度な飲酒

食欲の低下や疲れやすさを招くことがあります。

食欲不振の予防法

食欲不振

規則正しい生活

不規則な生活を続けていると胃の不調を引き起こし、食欲不振のきっかけとなります。朝日を浴びる・バランスのいい食事を規則的に行うなど体内時計を整えることも効果的です。

無理のない運動

ストレッチやウォーキングといった無理のない運動を行うことで、体調を回復させ生活習慣を整えることができます。体を動かすことで気分転換にもなるため、ストレスの解消にもなるでしょう。

自分でできる食欲不振の対処法

食欲

消化のいい食べ物で胃の負担を軽減

消化に時間がかかる食品ばかりを食べていると、胃の負担が大きくなり食欲の減退へとつながります。消化のいい柔らかい食べ物を取り入れていきましょう。

漢方の使用

漢方の中には胃の不調や食欲不振に効果的なものがあります。

薬が体に合わなかったといった経験がある人は、漢方を検討してみてはいかがでしょう。漢方は、専門ショップやネット通販でも購入することが可能です。

病院で的確な治療を受ける

食欲不振の原因として何か疾患が絡んでいる場合もあり、医師に相談してみましょう。

食欲不振が考えられる他疾患

食欲不振
疾患の中には食欲不振を起こすものも多くあります。

うつ病

精神のバランスが崩れてしまうことにより、食欲や物事の対する好奇心が著しく低下する精神疾患です。疲れやすさや怠さといった肉体に対する影響も起きます。

拒食症

主に若い女性に発症する摂食障害の一つです。ダイエット目的から食べることを拒否し始め、重症化していくにつれ一切食品を受け付けない体になっていきます。

治療に時間がかかる場合が多いです。

慢性胃炎

ピロリ菌や鎮痛剤の飲み過ぎなどの影響で、慢性的に胃炎が起こる症状です。胃の粘膜に炎症が起こり、ただれや傷といった諸症状を引き起こします。

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンという体を健康的に保つために必要なホルモンが減少する症状をいいます。

甲状腺ホルモンが減少すると疲れやすさ・だるさ・皮膚の乾燥・食欲不振といった、総合的な症状が現れ大きく健康を阻害します。

亜鉛欠乏症

体の中から亜鉛が欠乏することにより、味覚障害を起こす症状です。味を感じにくくなるため、食べ物に対する意欲がわかず食欲が徐々に低下していきます。

亜鉛欠乏症になると、皮膚の炎症・脱毛・代謝の異常・生殖機能の低下といった症状が起こることもあり、食欲に限らず多くの意欲を阻害します。

胃がん

胃もたれ・食欲不振・吐き気といった症状を引き起こします。

生薬製剤 イツラック

イツラック
生薬製剤 イツラックは3種類の生薬を含み、さまざまな原因で起こる胃の不調を整えることができます。

胃がもたれる・暴飲暴食とによる胃の不調、吐き気、嘔吐などのさまざまな胃の問題を解消し食欲をとりもどすのに役立ちます。カプセルタイプのため使用しやすく、外出先でも気軽に飲めるのは大きなメリットです。

商品定価 7,980円(税込)

用量 1箱90カプセル

生薬製剤 イツラックの全成分

ケイヒ、ウイキョウ、チョウジ、I-メントール、中鎖脂肪酸トリグリセリド、コハク化ゼラチン、濃グリセリン、D-ソルビトール液、銅クロロフィリンナトリウム、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

漢方薬剤師/薬膳料理家/国際中医師/国際中医美容師

大久保 愛

「アイカ製薬」代表取締役。
秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもつ。薬剤師となり中国の北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て漢方・薬膳の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?