美容・健康

髪の毛は血(けつ)のあまり!?抜け毛には血を補おう

女性にとって、抜け毛や白髪などの髪のトラブルは悩みが深く、なかなか人にも相談できないもの。

男女共に髪は加齢や出産などにより痩せていき、抜け毛・枝毛・白髪になるのは自然なことですが、近年、女性の白髪や抜け毛などのトラブルは年々増加していると言われています。

今回は、東洋医学で髪は血余(けつよ)といわる髪トラブルと、その改善方法について東洋医学の観点からご説明します。

血の概念

改善方法を説明する前に、まずは健康的な髪を作るのに大切な血液・血について学んでおきましょう。

西洋医学の「血液」と東洋医学の「血(けつ)」は意味合いが違います。

西洋医学の血液は人間の血管の中を流れている血液そのものを指しますが、東洋医学の血はもう少し広い概念で考えらており、血液に含まれる栄養素や正常に流れるか否かといった意味も含んでいます。

血は全身を巡り、臓腑(ぞうふ)・器官・組織を栄養(えいよう)・滋潤(じじゅん)しています。(※1)

(※1)栄養(えいよう)とは、身体に栄養を与え臓腑がしっかりと機能するよう活力を与える働きを指し、滋潤(じじゅん)とは皮膚・髪・臓腑など身体に潤いを与えることを指します。

血が不足した状態を「血虚(けっきょ)」と言い、髪がパサつく・抜け毛・目がかすむ・動悸・月経不順・不眠・物忘れがひどいなどの症状が起きる可能性があります。

そのため、抜け毛を防ぐにはいかに血の消耗をふせぎ、補なっていくかがポイントとなります。

髪は血の余り!?

東洋医学では髪を「血余(けつよ)」と呼びます。

これは、身体に血が十分に充たされていることによって、その余りが美しい髪になるとされる考え方です。

血(けつ)は生命を維持する事に大切な骨や内臓・脳などの器官へ先に栄養が送られ、余った血が髪に栄養を与えるのです。

血虚について

血が不足した状態を血虚と言います。

血虚は、抜け毛や薄毛・白髪など髪トラブルの原因の一つですが、西洋医学の貧血とは異なり数値として確認できません。そのため、以下のような症状がみられる場合に血虚の可能性があるとされています。

  • 物忘れが多い
  • 手足のしびれ
  • 不眠
  • 動機がする
  • めまいがする
  • 肌荒れしやすい
  • 乾燥肌
  • 寒がり
  • 手足が冷えやすい

上記の症状に心当たりのある方は血虚の可能性があります。

血虚は、循環も悪くなるため全身に栄養を送ることが難しくなります。結果、血の絶対量自体が不足することで髪まで血の栄養を運ぶことができなくなり抜け毛の原因になってしまうのです。

そうならないためには、養生を心がけ、血の消耗をなるべく避けて充分に血を作り出せる様工夫することが大切です。

血虚と目の関係

 

目は五臓でいうと肝とつながりが深く、目を過度に使うと血を消耗します。

東洋医学の観点から目は血の消耗が激しいところとされており、「肝は目に開竅(かいきょう)す」という言葉があります。

現代社会では、スマホやPC・テレビなど、仕事だけでなくプライベートでも昔に比べて目を酷使する機会が多くなっています。上記で説明した血虚の症状に心当たりのある方は、定期的に目を休める時間を作り血虚を招かないよう心掛けてください。

女性の白髪や抜け毛が増えている要因

血は飲食物を原料とし、脾(胃)で分解して作られます。

無理なダイエットや偏食などで必要な栄養が脾(胃)に入ってこないと血が十分に作られず、薄毛や抜け毛の原因になります。

女性の多くが日常的にダイエットを意識しているのではないでしょうか。

規則正しい生活、計算された食事と正しく行っていれば良いのですが、無理なダイエットは血虚を招きます。また、その反動による暴飲暴食・刺激物の摂取過多・消化に負担のかかる脂分の多い食事は脾(胃)にも負担をかけてしまいます。

結果、脾の働きが停滞し生理不順といった症状も招いてしまうのです。

その他、女性は男性に比べ月経や出産など生理学的に血を失う機会が多く、男性に比べ他の要因で薄毛・抜け毛を招いてしまっていることも考えられます。

血を補う食材

生まれつき血虚体質な方、出産や月経過多に伴って血を消耗しやすい方は積極的に血を補う食材を摂取することによって血が作られるようになります。

血を補う作用(補血作用)のある食材としては

ほうれん草 / くるみ / 黒ゴマ

ひじき / いちじく / 牡蠣

などがあります。

また、紅花・とうがらし・あずき・たまねぎ・らっきょう・酢などの血の循環を助ける食べ物と一緒に摂取すると血を補い・流すことのサポートになるのでオススメです。

また、冷たい飲み物や刺激物は脾に負担をかけてしまい、血の生成を邪魔してしまいます。

上記の食材は、温かい煮込み料理などにしていただくようにしましょう。

また、ダイエットや食事制限などで十分な栄養が摂取できないと体の中で「気・血・水」が生成されず抜け毛の原因になってしまいます。

女性はただでさえ毎月の月経で出血し、血虚の状態になりやすいので栄養不足は血を生成する上で大きな原因の一つとなる方は改善しましょう。

血虚にオススメのツボ

東洋医学の治療法の中に鍼灸治療・按摩マッサージというアプローチ方法があります。

鍼灸治療ではツボと呼ばれる身体の反応点を利用し、身体の崩れたバランスを調節していきます。

そこで今回は血虚の方にオススメのツボをご紹介します。

今回ご紹介するツボは「血海(けっかい)」です。

場所は膝の内側、膝のお皿から指3本上に上がったところにあります。

血海は押してズーンと痛みを感じる場所がツボの目安です。

親指でグーっと3秒かけて押し、3秒かけてゆっくり戻す様に指圧してみましょう。

血海は血の海と書かれるように血のあつまるツボであり、血を生みだすはたらきがあります。

また、血海を刺激することで血のめぐりが改善されホルモンバランスも整います。

鍼灸師若しくは医師の国家資格を持った先生しか鍼や灸の施術を業として行うことはできませんが、ツボは押したり揉んだりと刺激するだけでも血虚改善に十分効果が期待できます。

抜け毛が気になる方や血虚体質の方は血海へのツボ押しにぜひチャレンジしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたか?

薄毛や抜け毛は女性にとって深刻ですよね。

女性は毎月の月経や出産など、男性に比べて血を失う機会がとても多いです。

更にデスクワーク人口も増え、PCやスマホなど目を使う時間も昔に比べて増えている事から目の使い過ぎによる血虚の方も増えています。

今回ご紹介した東洋医学の改善法を日頃の食生活に取り入れ、薄毛・抜け毛予防にお役立て下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート