未分類, 美容・健康, 食薬・薬膳

老けない秘密は「腎」のチカラ!?薬膳でアンチエイジング

「なるべく老化を遅らせていつまでも若々しくいたい」そんな想いを誰しもが持っているのではないでしょうか。

しかし、東洋医学で冬は腎(じん)の働きが弱りやすい季節であり、アンチエイジングにも深く関係していると考えられています。(アンチエイジングは「抗加齢」・「抗老化」と訳され老化を遅らせる事を意味します。)

今回は東洋医学の観点で捉えたアンチエイジングの薬膳食材をご紹介していきますので、興味のある方は是非参考にして下さい。

腎とは

西洋医学では、心臓・腎臓・胃などの臓器が知られていますが、東洋医学においては人の体の働きを

肝(かん)/ 心(しん)/ 脾(ひ)/ 肺(はい) / 腎(じん)

の5つに分けて考えます。これらをまとめて「五臓(ごぞう)」と呼びます。

※補足※

西洋医学でいう「腎臓」と東洋医学でいう「腎」は名称が似ていますが、意味や働きは少し異なります。

腎の機能が弱まると不妊・冷え症・耳鳴り・骨折などの老化現象が進行します。

《西洋医学》

西洋医学でいう「腎臓」は、血液をろ過し、老廃物や塩分を尿として体の外へ排出します。

また、身体に必要なものは再吸収し体内に溜める働きをするなど、体液量の調整も行っています。

《東洋医学》

東洋医学の五臓に含まれる「腎」は臓器そのものでなく、水の代謝に関わる働きや、ホルモン・生殖器・泌尿器・歯・骨・髪などの成長発育機能の維持も含まれます。

簡単に説明すると、東洋医学の腎は、腎臓の働きに加え「成長発育機能」を含めた総称です。


腎とアンチエイジングの関係

生命活動を維持するエネルギーを腎精(じんせい)と呼びます。

人は腎に蓄えられた腎精を使いながら生き、成長・成熟・老化のプロセスを経て、ゼロになった時に死が訪れると考えられています。

女性は7の倍数・男性は8の倍数で身体が変化する

中国古代の古典「黄帝内経(こうていだいけい)」には女性は7の倍数、男性は8の倍数で身体が変化すると記されています。

《女性》

7歳  腎気が活発になり、永久歯が生え、髪が伸びる
14歳 腎気が成熟し月経が始まり、子供をはらむ能力が備わる
21歳 腎気が体のすみずみまで行きわたる
28歳 髪の毛が豊かで、体の最も強壮な時期である
35歳 顔がやつれ始める

42歳 顔にしわが寄り、白髪が目立ち始める
49歳 血脉に血が少なくなり月経が止まり、出産できなくなる

《男性》

8歳  腎気が活発になり、髪がふさふさと伸び、永久歯がはえる
16歳 腎気が成熟し、生殖能力が備わる
24歳 腎気が体のすみずみまで巡る
32歳 筋骨がたくましくなり、肌肉が豊かになる
40歳 腎気が衰え始め、髪の毛がぬけ、歯が揺れる
48歳 陽気(ようき)が衰え、顔面にしわが寄り髪の毛が白くなる
56歳 肝気(かんき)が減り、筋肉が衰え、生殖能力が弱まる

腎精からみた体の年齢変化として女性は7歳から49歳までを7年周期、男性は8歳から64歳までを8年周期で表されています。

黄帝内経によると女性は49歳で閉経を迎えるとあります。

一般的な現代女性の平均閉経年齢も50歳前後とされているのでほとんど変わりありません。

医学が進歩している現代においても約2000年前の身体の変化が当てはまる事がわかります。

女性は28歳、男性は32歳を境目に腎精が減り始め老化が促進されます。

腎精の量は生まれながらの個人差がありますが、それ以上に食事や日々の生活習慣によりいかに養生するかがアンチエイジングの決め手になります。

五季(ごき)で腎は冬を担当し、身体の冷えを解消するために夏の何倍ものエネルギーが必要になり腎精を多く消耗します。

アンチエイジングには腎のチカラを強め、腎精の消耗を少なくすることによって老化のカーブを緩やかにすることが可能です。

腎に良い薬膳料理

アンチエイジングには黒の食材

東洋医学の五行説(ごぎょうせつ)では身体の機能と色を関係付けています。

腎を担当する色は「」です。

「黒の食材」には腎を補う作用があるとされており、アンチエイジングに効果的です。

具体的には黒豆 ・ワカメ ・ 椎茸・黒ゴマ ・あずき ・ひじき・黒きくらげ  ・黒酢  ・  昆布などがあります。

黒の食材はルチンやアントシアニンなどのポリフェノールを多く含み体温をあげる働きや血を増やす作用もあるので寒い冬に黒の食材はピッタリです。

ポリフェノールは抗酸化作用があり身体が錆びつくのを防いでくれます。

黒豆や昆布はコンビニにも置いてあり手軽に購入できる上、栄養満点で低カロリーなので間食にはピッタリですね。

黒の食材をいつもの食事にプラスしてアンチエイジングに役立てましょう。

腎の五味は「しおからい」

五味(ごみ)とは食べたときの味だけでなく、その味がどのような作用を持っているかで分類されています。

五味はそれぞれ

  • 肝=酸味(さんみ・すっぱい)
  • 心=苦味(くみ・にがい)
  • 脾=甘味(かんみ・あまい)
  • 肺=辛味(しんみ・からい)
  • 腎=鹹味(かんみ・しおからい)

の五臓に分類されています。

鹹味にあてはまる食材はえび・栗・いか・カニ・大豆・豚肉などがあります。

鹹味食材を適量摂取することによって腎に働きかける為、アンチエイジング効果があります。

注意点としては偏った味ばかりを摂取し続けると、臓腑のバランスを崩してしまうので五味をバランスよく摂取することが大切です。

特に動悸・不眠・心痛があるなどの東洋医学で「心(しん)」にトラブルが出やすいタイプの方は鹹味の摂取過多に注意が必要です。

また鹹味は食材自体が元々持っている味であり、現代の精製された塩分とは意味合いが違います。

鹹味を精製された塩分と勘違いし過多に摂取するとむくみや高血圧を引き起こす可能性があるので注意しましょう。

腎を補うアンチエイジングレシピ

著書「心がバテない食薬習慣」より、大久保愛先生の「手作りふりかけ」のレシピをご紹介します。

干しエビ・黒ゴマ・ワカメなど、腎を補う薬膳をたっぷりと使用した栄養満点のレシピなのでぜひ作ってみて下さい。

手作りふりかけ

  • 材料(作りやすい分量)
  • 干しエビ:大さじ5
  • 乾燥ワカメ:大さじ5
  • 黒ゴマ:大さじ2
  • 昆布茶:小さじ1
  • じゃこ:大さじ2
  • ゆかり:大さじ1
  • 青のり:小さじ3

材料のすべてをすり鉢かミルで粉砕したら完成です。

ふりかけは、すり鉢ですったり綿棒でたたいて作るときれいにできますが、面倒なときはビニール袋に入れて手で潰しても簡単に作ることができます。

ふりかけは手作りすると、栄養素を手軽に補えるサプリのような存在になります。

ご飯だけでなく野菜との相性とも抜群なので、ドレッシング代わりにサラダに振りかけてもおいしく頂けます。

Amazonで注文する

Amazonで注文する

まとめ

いかがでしたか?今回は腎をテーマにアンチエイジングと薬膳食材についてお伝えしました。

薬膳には難しいイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

しかしスーパーやコンビニで手に入るような食材でもそれぞれの薬膳の作用があり、カラダの調子をよくするサポートをしてくれます。

人生100年時代ともいわれる今、老化を少しでも遅らせ若々しい状態を維持したい方は少なくないのではないでしょうか。

ココロもカラダもいつまでも若々しくいるために、今回ご紹介した薬膳食材を取り入れてアンチエイジングに役立ててみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート