漢方薬・生薬

甘草湯(カンゾウトウ)の効能と副作用とは?分かりやすく解説!

甘草湯(カンゾウトウ)という漢方薬を知っていますか?痛みの解消に効果的な漢方薬で、日常生活で起こりがちな悩みを解決に導いてくれるものです。

以外に知られていない、その効能とは?副作用とは?

分かりやすく解説をしていきます。

甘草湯の効能

甘草
甘草湯はのどや胃の痛みに効果的な漢方薬です。咳が止まらない人にも使いやすいので、風邪や胃炎による諸症状を抱えている人におすすめしたい漢方薬です。

特に胃炎はストレスや生活習慣の乱れで簡単に起こってしまうので、普段の生活で起こりがちな悩みを助けてくれる漢方薬といえるでしょう。

甘草湯の副作用

甘草湯で副作用が起こることはまずありません。まれに副作用の症状が出る人もいるので、よく確認しておいてください。

むくみと体重増加

体の一部や全体にむくみの症状が出て、体重増加も伴うことがあります。むくみは一見分かりにくいですが、皮膚を強くつかむといった行動で確認することができます。

気になる部分を強くつかんでへこんだままでいるようなら、むくみの可能性が高いでしょう。そのほか下着や靴下の締め付け部分でも判断できます。

ゴムの跡がなかなか消えないようならむくみを疑ってください。

体のふるえと痛み

特に理由もないのに体中がふるえ痛みも感じるようなら、副作用が起こっている可能性があります。

倦怠感

体中がだるく力が入らないとときがあったら副作用を疑いましょう。体のだるさは判別が難しいですが、しばらく安静にしても体調がよくならないようなら副作用の可能性があります。

吐き気と食欲不振

気持ち悪さが続いて、吐き気と食欲不振が続くようなら、副作用を疑いましょう。実際に吐きたくなったら、遠慮なく内容物を吐き出してください。

甘草湯の注意点

診察する医者
甘草湯には注意点が存在します。自分に当てはまっていないかよく確認し、場合によっては使用をやめましょう。無理に使用すると体調を崩すことがあります。

妊娠中の人

妊娠中の人が甘草湯を使用すると、体調を崩すことがあります。妊娠中の人の体はとてもデリケートなため、どんな症状が起こるか分かりません。使用したい時は、かかりつけの医師に診断してもらいましょう。

持病を持っている人

持病を持っている人は甘草湯の使用に注意が必要です。持病の症状によっては、効能が悪い方向に働きます。自分の判断で使用するのはやめてください。

ほかの薬を使用している人

ほかに薬を使用している人は、甘草湯の使用に注意してください。薬の中には甘草湯との相性が悪いものがあり、使用すると体調不良を招くことがあります。薬との相性は医師や薬剤師に相談するといいでしょう。

体力が弱っている人

極端に体力が弱っている人は、甘草湯の使用に注意が必要です。体力が弱っている人が漢方薬を使用すると、体調不良の要因となることがあります。

服用量を減らすといった工夫を行うようにしてください。

副作用はこれだけではなく、人によってさまざまな症状が表れます。体がいつもと違う状態になったら、副作用を疑い必ず使用をやめてください。体調不良が続くようなら、医師にかかることも大切です。

飲み合わせに注意が必要

漢方薬
甘草湯との相性が悪い組み合わせがあります。必ず避けるようにしてください。無理に服用すると体調不良の要因となることがあります。事前に医師や薬剤師に相談し、避けるようにしてください。

甘草

甘みのある漢方薬で、お菓子に使われることもあります。ポピュラーな漢方薬なので、よく配合されていることが多いです。薬や漢方薬を購入するときは、必ず確認するようにしてください。

グリチルリチン

グリチルリチンにも注意を払いましょう。口内炎の治療薬に配合されていることもあり、珍しくない成分です。念のため医師や薬剤師に相談してから、薬を購入するようにしてください。

漢方薬を飲みやすくする方法

水を飲む女性
その独特の癖から漢方薬の服用に、嫌悪を感じてしまう人が珍しくありません。それを解消するためには、飲みやすくする工夫を行っていく必要があります。

オブラートに包んで飲む

オブラートは昔から信頼されている商品で、主に子供を意識した商品でした。最近になり大人の間でも話題になり、さまざまな味もつくようになったんです。

使い方は簡単でオブラートの中に漢方薬を入れ、お湯に浸しそのまま服用するだけです。水やジュースでも大丈夫なので、好きな飲み物に混ぜるといいでしょう。

お湯で溶かしてジェル状にする

粉末の薬はお湯で溶かすことでジェル状になり、とても飲みやすくなります。ドロドロになった漢方薬を頬の内側に塗り飲みものと一緒に飲み下すようにすると、苦みを感じにくく便利ですよ。

この際、舌に置くと苦みを強く感じるので、舌だけは避けるようにすると服用しやすいです。

オリゴ糖やメープルシロップと混ぜる

オリゴ糖やメープルシロップはとても甘く、漢方薬のように苦みのある薬をごまかすのにぴったりです。とろとろとしているので混ぜやすく、違和感なく服用することができますよ。

オリゴ糖とメープルシロップはスイーツに混ぜても食べやすいので、そのままトーストやホットケーキに混ぜてもいいです。

好きなアイスクリームにトッピング

自分好みのアイスクリームにトッピングし、苦みをごまかすのも有効的です。なるべくチョコレートなど、味の濃いアイスクリームをチョイスするようにしてください。

濃い味付けにしたくない人はシャーベットに混ぜるのもおすすめです。あっさりとした甘みなので、甘いものが苦手な人も食べていきやすいでしょう。

ヨーグルトに混ぜる

ヨーグルトに混ぜるのもいいでしょう。種類が多いので飽きにくく、あっさりと食べていくことができます。ヨーグルトを食べる際は果物やナッツと一緒に入れると、栄養バランスのいいスイーツになりますよ。

生活習慣を整えよう

両手を広げる女性
症状を解消していくには漢方薬に頼り切るのではなく、生活習慣を整えることが大切です。自分で簡単にできる工夫を行い、無理なく改善していきましょう。

適度な運動

適度な運動は健康的な生活を送るうえで欠かせない要素です。例えばラジオ体操やストレッチなど、軽い運動を取り入れていくといいでしょう。

ラジオ体操は体全体を動かすので、とても効率よく運動を行っていけますよ。動画サイトやテレビを参考に、無理なく運動していってください。

安眠

安眠を阻害されると自律神経の崩れや、ホルモンバランスの乱れを呼び込みます。寝る前に人工的な光を浴びない・目を疲れさせる作業を行わないといった工夫を行ってください。

バランスのいい食生活

バランスのいい食事は胃の不調を解消していくうえ、でとても大切な要素となります。胃に不調が起こる要因の一つとして、消化に時間がかかるものばかりを食べ胃に負担をかけてしまうことが挙げられるんです。

消化の悪い食べ物として、アルコール・ごぼう・レンコンといった食品が挙げられます。ダイエットや糖質制限のためによく食べられますが、たまにはレタスやオクラといった消化のいい食べ物も食べていきましょう。

甘草湯をうまく活用していこう

甘草湯は胃の不調やのどの痛みに効果的な漢方薬です。日常生活で起こりがちな問題を解消してくれるので、とても使いやすい漢方薬なんですよ。

甘草湯は副作用のリスクがあります。注意点をよく守り、うまく活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?