漢方薬・生薬

甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)ってどんな漢方薬?その効能と副作用

甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)は精神が安定せず、イライラや緊張感を抱えている人に使っていきやすい漢方薬です。

生活習慣の乱れや環境の変化で、ストレスを感じている人はいませんか?

甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)で効果的に解消していきましょう。

甘麦大棗湯の効能

イライラしてる女性
甘麦大棗湯はのぼせやイライラ、緊張など普段の生活で起こりがちな症状に効果的です。特に理由がなくても強いストレスを感じ、緊張感から仕事や家事がうまくいかなくなったことがありませんか。

甘麦大棗湯がパニック状態を収めてくれるので。とても効率的に安定作用を得ることができます。

甘麦大棗湯の副作用

甘麦大棗湯を使用するにあたり、副作用を知っておくことは大切です。ほぼ副作用が起きない漢方薬ではありますが、その人の体調や環境によっては症状が出てしまうことがあるんです。

よく確認しておき、もし副作用が起きたら直ちに対処しましょう。

むくみが起き体重が増える

体のどこかにむくみの症状が起き、その状態が長時間続くようなら副作用の可能性があります。むくみとは体の一部分が腫れたように膨らみ、なかなか元に戻らない状態を指します。

むくみが起きることで体重が増えることもあり、長期間続けば大きなストレスになってしまいます。まずは使用をやめ様子を見てください。それでも症状が改善しないようなら、副作用を疑ってください。

体が痛み震える

体に痛みが広がり震えるようなら副作用の可能性があります。この副作用は放置しておくと日常生活に大きな支障を来たすので、異常を感じたら直ちに医師に相談してください。

倦怠感

体がだるく重苦しくなり力が入らないといったことがあったら、副作用の可能性があります。特に理由がないのに重苦しさを感じたら、必ず使用をやめましょう。

甘麦大棗湯の注意点

診察する女医
甘麦大棗湯は誰でも使っていきやすい漢方薬ですが、一部使用に注意が必要な人がいます。必ず注意点を守り、場合によっては使用をやめましょう。

妊娠中の人

妊娠中の人が甘麦大棗湯を使うと、体に不調を来たすことがあります。妊娠中の女性の体はとてもデリケートなうえ、何が起こるか分かりません。

また、一言に妊婦といっても、それぞれ体質が違うので医師に相談してから使用しましょう。

持病を持っている人

持病を持っている人が甘麦大棗湯を服用すると、漢方薬の効能が悪い方向の働くことがあります。効果を高めたり効果を下げてしまったりと、悪影響を及ぼすことがあるので独断での使用はやめてください。

ほかの薬を使用している人

甘麦大棗湯とほかの漢方薬を一緒に使用すると、それぞれの効果が喧嘩しあい効果に変化が起こることがあります。

それだけではなく効果を無くしてしまう可能性もあるので、ほかの薬を使うときは必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

体力が弱っている人

極端に体力が弱い人が使用するとなんらかの副作用が起こる可能性があります。特に老人や子供への使用は注意が必要なので、自分の判断で使用しないようにしてください。

飲み合わせに注意が必要

水を飲む人
特に甘麦大棗湯との相性が悪く、注意が必要な飲み合わせがあります。服用に注意が必要なので、必ず確認しておきましょう。

甘草

甘草は漢方薬の中でも有名な種類で、多くの漢方薬に使われています。のどや胃の痛みに効果的なことから、胃に不調を抱えている人によく使用されます。

お菓子に使われることも多いので、ついうっかり服用している人も珍しくありません。薬を購入する際はよく注意してきましょう。

グリチルリチン

処方薬や市販薬の中に含まれている成分です。口内炎やのどの炎症に効果的で、炎症を鎮める作用もあることから化粧品としてもよく使われます。

漢方薬は飲みにくいので工夫が必要

漢方薬を苦手としている人は多く、毎日続けることに支障を感じている人が珍しくありません。自分で気軽に服用できるコツがあるので、積極的に行っていきましょう。

片栗粉でトロトロにする

片栗粉をお湯に混ぜるとトロトロの状態になり、服用しやすくなります。甘麦大棗湯を適用混ぜ馴染ませていってください。その後、頬の内側や口内の上部分に塗り、お湯やココアといった好きな飲み物で飲み下していきましょう。

このときお好みの調味料や甘味料と一緒に混ぜると、さらに飲みやすくなりますね。

ココアやコーヒーと一緒に飲む

ココアやコーヒーは風味が強く甘麦大棗湯ならではの癖を、軽減していってくれます。砂糖を多めにすれば甘さが増すので、状況に合わせて増やしてみてください。

ダイエット中の人はカロリーオフの人工甘味料を、使ってみるのもいいでしょう。

ヨーグルトソースと混ぜる

ヨーグルト用にさまざまなソースが販売しています。適量売っているので管理がしやすく、甘さもあるので甘麦大棗湯と使っていきやすいです。

その日の気分に合わせていろいろ使ってみましょう。

はちみつを利用する

はちみつや適度な粘性があり甘麦大棗湯の苦みを、うまく緩和してくれます。はちみつだけでは物足りないようなら、さらに砂糖を加え口当たりをよくしていくといいですね。

生活習慣を改善しよう

ヨガをする女性
漢方薬の効能をさらに感じるためには、生活習慣を改善することが大切です。漢方薬にはその人の体の回復機能を、向上していく作用があります。肝心の体が弱っている状態では、しっかりと効能を感じることができないんです。

自分でできる生活習慣の改善法を実践し、漢方薬の効果を感じやすい体にしていきましょう。

無理のない運動

運動は体の血流をよくしストレスの解消にも役立ちます。でも無理をしながら運動を行うと、かえってストレスの元となり逆効果になってしまうんです。

例えば30分のウォーキング、10分程度のストレッチなど、無理のない範囲で運動を行っていきましょう。

運動をすることに慣れてきたら、歩く時間を増やすこともできますね。歩数計をうまく利用しながら、やりがいをもって運動を行っていきましょう。

ホルモンバランスを整える食品

ホルモンバランスが乱れると、精神や体に影響をもたらします。普段からホルモンバランスを整える食品を取り、体を整えていきましょう。

特におすすめなのが大豆食品です。大豆食品には大豆イソフラボンが含まれていて、女性ホルモンと似た働きをしてくれます。

ストレスの多い生活をしているとホルモンバランスが乱れがちになるので、積極的に食べていってください。豆乳なら摂取するのに時間もかかりませんよ。

安眠に効果的なサプリメント

安眠が阻害されるとホルモンバランスが乱され、体調不良のきっかけとなります。安眠に効果的なサプリメントを摂取し、効率的な睡眠を行っていってください。

安眠に効果的なサプリメントとして、グリシンが挙げられます。グリシンは体内時計や睡眠リズムに働きがけます。うまみ成分と呼ばれているので、苦みがなく摂取しやすいですよ。

最近では粉末状になったものが売っているので、好きな飲み物に混ぜて服用できます。

甘麦大棗湯をうまく活用しよう

甘麦大棗湯は精神安定作用のある、日常的に使っていきやすい漢方薬です。その効能を知っていけば、とても使いやすい漢方薬であることが分かってもらえるでしょう。

漢方薬を飲みやすくしてくれるアイテムを使用しながら、うまく甘麦大棗湯を活用していってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?