漢方薬・生薬

胃苓湯とは一体なに?その効能と副作用を解説

胃苓湯は胃腸の不調に効果的な漢方薬です。胃腸の不調は軽視されやすく、長年放置してしまっている人が珍しくありません。でもそれはとても危険です。胃腸の不調は、体からのサインなのかもしれません。

早めに解消し病気のリスクを予防していきましょう。

胃苓湯の効能

胃への効能
胃苓湯は下痢や腹痛、嘔吐といった、諸症状に効果的な漢方薬です。胃腸の不調の原因といわれている胃腸の水分過多を抑制し、胃腸の働きを助けていきます。

腹部の冷えにも効果的なので、老若男女問わず使っていきやすい漢方薬といえるでしょう。

胃苓湯が効果的に働く症状

胃腸炎

みぞおち付近に痛みを感じ、下痢や腹痛に悩まされる症状です。タール便や血便が出ることもあります。主にノロウイルスやアニキサスといった、ウイルスや細菌に感染したことによって起こる症状となります。

急性胃炎

胃粘膜に炎症が起こり胃の不快感や嘔吐、食欲不振を引き起こす症状です。暴飲暴食、アレルギー、ストレスといったさまざまなことが原因で起こり、放置すれば胃がんのリスクを高めます。

胃苓湯には副作用があるの?

副作用
漢方薬である胃苓湯にはほぼ副作用がなく、大きなリスクとなることはめったにありません。でも一部副作用のある方もいるので、ここで紹介しておきます。

むくみ

皮膚の一部が膨張し、むくみを引き起こすことがあります。例えばいつも以上にウエストがきつい・いつもなら入る靴が入らないといったことがあったらむくみを疑いましょう。

大抵は短時間で解消されますが、長時間続くようなら副作用の可能性がありますね。

食欲不振

胃苓湯の副作用により、食欲不振が起こる可能性があります。

筋肉がピクピクする

理由がないのに筋肉がピクピク動くようなら、副作用を疑ってください。

力が入らず物が持てない

軽い物なのに物が持てず力が入らない時には、胃苓湯による副作用を疑いましょう。だるさも併発している可能性があります。

このように一部の方に、副作用が起こる可能性があります。少しでも異常を感じたら使用を休止し、かかりつけの医師に相談してみましょう。電話で相談をすることができる病院もあります。

胃苓湯の使用に注意が必要な人

注意
胃苓湯の使用に注意が必要な方がいます。自分が当てはまっていないか、確認してみてください。

妊娠中の人

妊婦への安全性が確立されていないため、人によっては使わないほうがいいことがあります。胃苓湯を使ってでも症状を落ち着かせた方がいいと判断された場合には、使用が許可されるので医師に相談してみましょう。

薬による治療を行っている人

疾患の治療のため薬を処方されている人の場合、胃苓湯の使用で効果が薄くなったり逆に効果を強めてしまうこともあります。疾患の治療を大きく阻害することになるので、自分で決めずに医師や薬剤師に相談してください。

アレルギー症状が起こったことがある人

過去に薬や漢方薬でアレルギー症状を起こしたことがある人は、胃苓湯の使用をやめてください。アレルゲンが胃苓湯に含まれる成分である可能性があり、また症状がぶり返すかもしれません。

持病がある方

薬による治療を受けていなくても何らかの持病を持っている方は、胃苓湯を使用しないでください。胃苓湯が悪い方向に働き、さらに持病を悪化させることがあります。

どうしても使いたい時には、必ず医師の判断を仰いでください。

胃苓湯の使用だけじゃダメ!生活習慣を改善

生活習慣
胃苓湯は腹痛や下痢といった症状に効果的な漢方薬です。でもこれさえ使っておけばいいというわけではありません。腹痛、下痢はストレスや生活習慣が要因となっていることがあるからです。

普段の生活を改めることで、胃苓湯をさらに効果的に使っていけるでしょう。

入浴剤でアロマテラピー

アロマオイルを使い行うアロマテラピーですが、意外に道具代がかかり片付け面倒です。毎日のことですから面倒だと続きませんよね。

入浴剤ならこれといって道具が必要ではなく、特に片付けも必要としません。自分の好きな香りに包まれながら血行促進もできるので、一石二鳥の方法といえます。

市販でもアロマ効果を宣伝している入浴剤がたくさんあるので、いろいろ試してみるといいでしょう。入浴剤以外にも、アロマオイルをそのまま湯船に入れてしまうという方法もあります。

自分の好きな香りを組み合わせるといったやり方も行えるので、人によってはこちらのやり方のほうが合っているのかもしれません。

家で運動をする

日中運動するとなると人の目が何かと気になります。格好に気を付けなくてはいけませんし、女性なら化粧をばっちりしておく必要があります。

そこでおすすめなのは家で運動するという選択肢です。家なら見た目に気を付ける必要がなく、時間を気にすることもありません。

踏み台運動や家の中でウォーキングを行うといった、軽い運動を繰り返すことで挫折の少ない運動ライフが遅れるでしょう。家の中でも歩数計を持っておくと、1日の成果が分かりやすいです。

好きな物を食べる日を決めておく

暴飲暴食に気を付けようと思っても、なかなか続かないことがありませんか。あまりに食べてはいけないものが多すぎると、それがストレスとなり帰って胃腸をおかしくしてしまいます。

好きなものを食べる日をあらかじめ決めておいて、その日だけは好きなものを好きなだけ食べることを許しましょう。適度にガス抜きができて、この日のためにまた頑張ろうと思えます。

くじけそうなときはノートやメモ帳を使い、好きなものを食べた日を記録しておくと見える化できるので効率的です。なるべく色鮮やかしておくと、ワクワク感がわいてきて長続きしやすいですよ。

実は怖い疾患が潜んでいるかも・・・

疾患
下痢・腹痛・嘔吐は日常的に起こることがある症状であり、それほど大ごとと考えず放置している方もいます。でもその陰には疾患が潜んでいて、その結果として下痢・腹痛・嘔吐の症状が起こっているのかもしれません。

下痢・腹痛・嘔吐を引き起こす可能性のある疾患を紹介します。

胆石

胆のうと胆管に石ができ痛みを伴う疾患です。発熱を伴うこともあり、慢性的な不快感を伴う症状を引き起こします。

中には痛みを感じない方もいますが、将来的に胆のうがんとなるリスクもあるため早期治療が求められます。原因としてはコレステロールの取りすぎにより、胆のうの働きが弱くなってしまうことが挙げられます。

大腸がん

大腸にがんができ血便や下血、下痢といった症状が現れる疾患です。放置すれば肝臓や肺といったほかの器官にも転移し、さらに治療が難しくなります。

原因としては生活習慣の乱れや肥満が挙げられ、高身長の方に起こりやすい疾患であることが分かっています。

遺伝も大きく関係してくるので、親族の中で大腸に関わる疾患にかかったことがある人がいないか確認しておくことが大切です。

このように下痢や腹痛の原因には、他疾患がかかわっている可能性があります。胃苓湯を使用しても症状が解消されない場合は、医師に相談してください。

胃苓湯をうまく活用して症状を解消しよう

胃苓湯は下痢や腹痛、嘔吐に効果的な漢方薬です。でも中には副作用の症状が起こったり、使用に注意が必要な方もいるんです。漢方薬に関する正しい知識を身に着け、日常生活を阻む問題を解消していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?